2017年8月に開業20周年を迎える森の中のモビリティテーマパーク、ツインリンクもてぎ。この春、ファミリーで楽しめる新アトラクションのオープンで更にパワーアップするということで、早速行ってきました!

1

■迷宮森殿ITADAKI

ツインリンクもてぎのメインエントランス近くにそびえ立つ、迷宮森殿ITADAKI。5階層に分かれた森の生態系ピラミッドの立体迷路になっているそうなのですが、いったい中にはどのような仕掛けがあるのでしょうか。

 

入場前に貰う「冒険の証」にはスタンプを押す欄が14箇所ありました。どうやらスタンプラリーになっているようです。入り口にある機械に通すと、日付とスタート時間が刻印されます。目標タイムは25分。レース好きの私としては、目標タイムより早くゴールしたいという競争心がメラメラしてきました。さぁ、いよいよ冒険のスタートです!

中に入ってまず驚いたのが、迷路の難易度! 様々な仕掛けがあり、階段を上ったり下ったり、穴をくぐったりと一筋縄ではいかず、スタンプを探すどころか迷子状態になってしまいました。

そして、各階に潜む森の生き物たちのリアルさにはびっくり! 1階には森の分解者、地中・土壌生物がいました。外敵から身を守るために丸くなって転がりながら進むオカダンゴムシのバランスボールや、フトミミズの造形はリアルすぎて鳥肌がたつほど。自分が小さくなって、本当に土の中に入っている気分になります。

2階には樹から地表に落ちてくる葉っぱや松ぼっくり、ドングリなどがあるのですが、吊るされたどんぐりに乗ってで遊ぶこともできるんです。これは子供達に大人気! ただ進むだけでなく、遊びながら進めるのも楽しいですよね。

3階に潜んでいたのは、他の生き物を捕まえる一次消費者達。そう、ここでは私達は彼らの絶好の餌なのです。草むらに隠れ、獲物がくるまでじっと待つカマキリには要注意! 危うく食べられるところでした。カマキリのカマ、結構痛かった・・・。

さて、4階に上がると肉食動物、2次消費者達が待ち受けています。かなり雰囲気が怖くなってきました。リスを狙うシマヘビに挟まるというハプニングもありながら、なんとか脱出成功。奥に進みます。

途中2カ所にクイズポイントがあるのですが、間違えるとその場でゲームオーバーになってしまうので慎重に答えを選ばなくてはいけません。

しかーし! このクイズがなかなか難しいのです。自分の直観を信じ、先に進むとなぜか外に出てしまっているではありませんか。そう、残念ながら私の直観はハズレてしまいました。森の住人にまだまだだと言われ、泣く泣くリタイア。これはかなり悔しい! ということで、再チャレンジです!!

大人げなく再チャレンジをし、もう一度元の道を辿ろうと思ったのですが、迷路が複雑でさっきどこを通ったのか全く分からなくなってしまいました。道順は何通りもあり、毎回新たな発見があることもITADAKIの魅力のひとつ。

ようやく森の生態系の頂点、高次消費者がいる5階へやってきました! とはいえ、ITADAKIは簡単にクリアさせてくれません。森の頂点に君臨するオオタカに向かってロープネットを登らなくてはいけないのです。これが結構急で、登るのも一苦労。

 

若干息切れしながらも、ついにゴール! しかし、所要時間は59分で目標タイムを大幅に超えてしまいました。ガーン…。

そして最後に、まるで巨大な木のミキのような滑り台が私達をまっていたのです!

こちらの滑り台、螺旋状になっているのですが、5階の高さから降りるのはなんだか怖そうです。勇気を出して滑ってみると、クルクル回りながらもスピードが出て迫力満点! 滑り終わってしばらくはまっすぐ歩けないほどでしたよ。

様々な仕掛けがある巨大迷路、スタンプラリー、そして森の生態系を勉強しながら進めるなんて、このようなアトラクションはいままで経験したことがありません! 子供心に戻れ、とても楽しかったです。

子供はもちろん、大人までも夢中になれる迷宮森殿ITADAKI。家族やお友達と力を合わせて森の生態系をくぐりぬけ、「森の頂き」を目指してみてくださいね!

■MARCHERANT

さて、迷宮森殿ITADAKIでたくさん動いてお腹が空いてきました。そんな時におススメなのが、HOTEL TWIN RING内にある森のレストラン「MARCHERANT」。こちらでは、地元栃木県産の食材を使った料理を食べることができるんです(ランチ:ランチメニュー、ディナー:セットメニュー⦅日〜金⦆、季節のビュッフェ⦅土曜日⦆)。

 

MARCHERANTこだわりの、茂木町有機栽培農家「自然農園空土ファーム」で農薬や化学肥料を一切使用しない農法でできた野菜はどれもみずみずしく、色が鮮やかで歯応えも抜群でした。そのままでも十分に野菜の味がして美味しいのですが、種類豊富なドレッシングもあるので、様々な味を楽しむこともできます。

また、「自然農園空土ファーム」監修で野菜の自家栽培を行っており、レストラン内に小さな農園があるのです。野菜がどのようにして作られているのか、実際に見る機会ってなかなかないので、興味深々! ここは日当たり抜群で、すくすくと育つそうですよ。

そしてそして、MARCHERANTのために石窯職人が製作した特注調理窯も見逃せません! 一般的なピザを焼く石窯は開口部が狭く半円形ですが、こちらはブロック肉や野菜を焼き上げるダッチオーブンが入る程の広い開口部が特徴。外側は強火、内側は低温でじっくり仕上げるため、素材の旨味を引き出してくれます。ぜひお試しあれ!

■ROCCO

サーキットって、男性のお客さんが多くスイーツはなさそうなイメージですが、3月18日(土)に2015年のジュラートマエストロコンテストで全国3位に輝いた「ジュラートマスモ」と、老舗養蜜家の黒田養蜜園が手がける「ドルチェミエーレ」の夢のコラボ店、森のジュラテリア「ROCCO」がオープンしました!

ジェラートは全部で9種類。その中から「ウリンボチョコレート」と「とちおとめミルク」をひと足お先にいただいちゃいました。

「ウリンボチョコレート」は、ウリボーをイメージしてバニラ・塩キャラメル・ベルギーチョコを絡め合わせたツインリンクもてぎ限定メニュー。塩キャラメルのしょっぱさがきいていて、とっても美味しい! ウリボーカラーも可愛いく、思わず写真を撮りたくなります。

「とちおとめミルク」は、栃木県が誇る名苺、とちおとめの果肉がたっぷり入った贅沢ジェラート。甘すぎず、さっぱりとしていて食べやすかったですよ。甘いものが苦手な男性にもおススメの一品です。

■グランピング

一日ツインリンクもてぎで楽しんだし、そろそろ家に帰ろうかなと思った方、ちょっと待ったー!!  ここで帰ってはいけません! 「森と星空のキャンプヴィレッジ」にあるグランピングに宿泊しなければ、ツインリンクもてぎを満喫したとは言えないのです。

グランピングとは、キャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、気軽に誰でも楽しめる新しいスタイルのキャンプのことなのですが、なんとこちらはキャンセル待ちが出るほど大人気なのだそうです。

そしてこの春、ワイドタイプの「グランピング・ワイド」4サイトが新たに誕生しました。ワイドタイプは、既存のグランピングサイドの約2倍の広さで、最大6名まで利用可能。また、ハンモックやファイヤーピットなどのオプション品が追加され、今まで以上に豪華な作りになっているんです。

実際に中に入ってみたのですが、ベッド・ソファ・机、エキストラベッドがあってもまだスペースが十分にある程のゆったりとした空間に驚きました。また、暖房器具も完備してあるので、テント内は暖かくなり寒さの心配はないそうですよ。

人気の「BBQ付きらくらくプラン」はスタッフの方が火おこしと片付けをやってくれるという、なんとも至れり尽くせりなプラン。さらに、イラスト付きで分かりやすいレシピ本も付いてくるので初心者の方でも安心してBBQを楽しめます。お肉だけでなく、チーズフォンデュやホットスイーツまであって、レシピ本を見ているだけでお腹がすいてきちゃう!

敷地内には水洗トイレ・温水シャワー・洗濯・乾燥機・売店も完備。また、HOTEL TWIN RING内の「のぞみの湯」にも入浴できることも魅力的です。

ツインリンクもてぎのグランピングに宿泊すれば、現実を忘れさせてくれるようなロマンチックな内装、そして充実したBBQプランや施設で心も身体もリフレッシュできそうですよね。

遊んで、食べて、泊まって・・・わくわくがいっぱいのツインリンクもてぎ。都心にはない、ツインリンクもてぎだからこそ体験できるプログラムがたくさんあります。ご家族やお友達との素晴らしい思い出作りに、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

(写真:clicccar編集長小林和久/文:yuri)

【関連リンク】

ツインリンクもてぎ公式ホームページhttp://www.twinring.jp/

【関連記事】

日本初!森の生態系を体感できる立体迷路「迷宮森殿ITADAKI」がツインリンクもてぎにオープン!

ツインリンクもてぎで体験できる、ワンランク上のキャンプとは?

グランピングがパワーアップ! 昆虫サイズになれる迷路も!! ツインリンクもてぎにはわくわくがいっぱい!!!(http://clicccar.com/2017/03/22/454094/)