iPhoneで外出先の公衆Wi-Fi確認が超うざい!接続確認を非表示にできるワザ

写真拡大 (全3枚)

iPhoneを外出時に使っていると、公衆Wi-Fiの接続の確認が頻繁に立ち上がって、
「うざい」
と、思っている人はいないだろうか?

外出時に Wi-Fiをオフにしておけば問題はない。
しかし、最近は、自宅ではiPhoneをWi-Fi接続でインターネットに繋げている人も多い。
そうした人にとっては、外出時に毎回、Wi-Fiをオフにするのは面倒なので、Wi-Fiオン状態のまま外出する人も多いため、なおさらだ。

iPhoneのWi-Fiがオン状態だと、接続可能なWi-Fiエリアに入った際に、自動的にWi-Fi接続してくれる。

便利な反面、ひとつ困ったことがある。 公衆Wi-Fi(公衆無線LAN)だ

駅やコンビニ、ファーストフード店の近くを通るだけで、公衆Wi-Fiを自動検出して、「ワイヤレスネットワークを選択」が表示されることだ。

確認をとってくれるのは有り難いが、公衆Wi-Fiは無料であっても、あらかじめユーザー登録が必要なサービスも多く、すぐに使えないケースが多い。
加えて外出時に、LTE通信やWi-Fiルーターでネット接続できる人であれば、公衆Wi-Fiの接続確認は、親切だが、大きなお世話な感も強く、はっきりいって不要だろう。

そこで今回は、外出時に、「ワイヤレスネットワークを選択」を表示させない方法を紹介する。

■Wi-Fiの接続確認を無効化しよう
Wi-Fiの接続確認は、設定から変更できる。

ホーム画面から「設定」をタップしたら、「Wi-Fi」を選択しよう。




Wi-Fiの設定画面に切り替わるので、「接続を確認」をオフにしよう。




iPhoneユーザーで、外出時に頻繁に表示される「公衆Wi-Fiの接続確認」が、うざい、不要と思っている人は、今回の方法が役に立つだろう。


ITライフハック 関口哲司