入浴中にiPhoneを充電していた男性が感電死する、痛ましい事故がイギリスで起きてしまいました。検死を担当した医師は、Appleなどのメーカーに注意喚起を求めたい、と語っています。

誰かに襲われたと思うほどの火傷

ロンドン西部に住むリチャード・ブルさん(32歳)が、バスタブの中で倒れているのを妻のターニャさんが見つけたのは、12月11日のことでした。
 
リチャードさんの身体には、胸と右腕にひどい火傷があり、「見つけた時、夫は誰かに襲われたのだと思いました」とターニャさんが語るほどでした。
 
救急隊と警察が駆けつけ現場を確認すると、玄関からバスルームへ、電源延長コードが伸びており、その先に繋がれたiPhoneが発見されました。そして、救急隊によって、リチャードさんの死亡が確認されました。
 
現場検証と検死の結果、リチャードさんが充電器を胸のうえに置いてiPhoneを充電しながら入浴していた際、感電死したと結論づけられました。

検死官「メーカーに注意喚起を求めたい」

検死を担当したシーン・カミングス医師は、「充電器のような危険性のなさそうな機器でも、浴室でヘアドライヤーを使うのと同様、死に至る危険がある」と警鐘を鳴らします。
 
「充電器には、警告文が付けられるべきだ。携帯電話機メーカーにレポートを送ろうと考えている」と、Appleなどのメーカーに働きかける意向を語りました。

たびたび起きる同様の事故

iPhoneを入浴中に充電しながら使っての感電事故はたびたび起こっています。浴室のような、水分の多いところでの電気の使用は、命に関わる事故を引き起こすことがあります。
 
iPhone7/7 Plusが耐水となったために、シャワーを浴びながらiPhoneを使うのが海外でちょっとしたブームになっているようですが、絶対に充電しながらの使用は避けてください。

 
 
Source:Daily Mail
(hato)