防弾少年団、暴露合戦を繰り広げる…VがRAP MONSTERに怒鳴られた理由とは?(動画あり)

写真拡大 (全2枚)

防弾少年団のスパイゲームが終了した。メンバーの中にスパイを隠し、兄貴チームvs弟チームでゲームを繰り広げた防弾少年団。21日の放送で、結局スパイはジンであることが明らかになった。しかし誰も当てることができず、ジンは美味しい料理を独り占めした。

21日に放送されたNAVERのライブ映像配信アプリ「V」の「Run BTS!2017」では、防弾少年団が本音ゲームを行った。弟チームのメンバーたちは兄貴チームのメンバーを召喚し、これまで言えなかったことを暴露した。

VはRAP MONSTERを指名した。2人は部屋を共有するルームメイト。Vは「パソコンを使おうとしたけど、RAP MONSTER兄さんから『消せ!』と怒鳴られた」と暴露した。

RAP MONSTERは「あの時は明け方だった。40分以上も時間をあげたのに、ゲームを終えることができなかった。僕は君が好きな音楽や番組を全部知り尽くさなければならないのか!」と文句を言った。結局、MCを務めたSUGAはRAP MONSTERに軍配を上げた。

続いて登場したジミンはジンを指名した。2人は身体のサイズに関する暴露合戦を繰り広げた。ジミンはジンの脚が短いと暴露し、ジンはジミンの背が低いと切り返した。2人の暴露合戦は加熱し、SUGAが彼らに「待った」をかけた。

この日、最後のゲームとしてスパイを当てる時間があった。3票を獲得したVが有力な候補だったが、違っていた。続いてJ-HOPEが指名されたが、J-HOPEもスパイではなかった。ジンがスパイであることが明らかになり、メンバーたちは驚きを見せ、ジンの自然な演技を賞賛した。

ジンは1人で料理を食べ、メンバーたちはつまみ食いするために、一発芸パレードを繰り広げるなど楽しい時間を持った。

この日、バラエティ番組でも抜群のセンスを見せた防弾少年団。「防弾少年団ショー」を企画しても良さそうだ。