【ビルボード】映画『モアナと〜』EDソングがアニメチャート1位と3位に輝く、米津玄師とLiSAの楽曲も接戦

写真拡大

 先週に引き続き、ディズニー最新作の映画『モアナと伝説の海』で加藤ミリヤが歌うエンディングソング「どこまでも〜How Far I'll Go〜」が今週もアニメチャートの首位をキープした。また、ヒロイン・モアナ役の日本版声優を担当した屋比久知奈が歌う同楽曲は、先週の6位から3位までランクアップ。指標に注目すると、ストリーミングでトップ2を独占し、ダウンロードでは屋比久が1位、加藤が2位で高ポイントを獲得。このデジタル面でのポイントの動きが、大ヒットを記録した『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー」と非常に似ていることからも、同楽曲が旋風を巻き起こす可能性が考えられる。

 また、米津玄師の「orion」とLiSA「Catch the Moment」が同日にリリースされてからチャート上位で接戦を繰り広げているが、今週は米津玄師が4位にランクアップ。「orion」は、動画再生のポイントでロングヒットのRADWIMPS「前前前世」を除けば他に大差をつけており、MVを担当した山田健人監督の表現する映像美の世界観も再生回数を伸ばしている一因と言える。さらに、11位以下にも映画『SING/シング』のエンディングソング「フェイス」や、映画『ひるね姫』の主題歌「デイ・ドリーム・ビリーバー」など話題の楽曲がチャートインしており、来週以降の変動にも注目したい。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「どこまでも〜How Far I’ll Go〜」加藤ミリヤ
2位「追い風Running」乙倉悠貴(中島由貴)
3位「どこまでも〜How Far I’ll Go〜」屋比久知奈
4位「orion」米津玄師
5位「僕の心をつくってよ」平井堅
6位「Catch the Moment」LiSA
7位「嘘の火花」96猫
8位「前前前世」RADWIMPS
9位「平行線」さユり
10位「ようこそジャパリパークへ」どうぶつビスケッツ×PPP

記事初出時、アーティスト名表記に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。
2017年3月22日14時00分追記: