広瀬すずが「爽」のイメージキャラクターに就任

写真拡大

ロッテ「爽」新イメージキャラクターに就任した広瀬すずが、都内で行われた新CM発表会に出席。撮影の裏側などを明かした。

【写真を見る】真っ白のワンピースで登場した広瀬すず。普段は真逆の黒っぽい服が多いという

広瀬は「青と白のきれいな光の中で、見ているこちらまでにやけてしまうようなCMのイメージだったので、その世界観に私が入れるかなと結構不安に思っていました。でもすごくうれしかったです」と今回のイメージキャラクターに決まったときの感想を明かした。

撮影ではずっと「爽」を食べていたという広瀬。「食べた感想とか、せりふもあったんですけど、全部自由だったので本当に感じたものをそのまま言っていたら使っていただいて…リアルに食べてました。なかなかないと思うんですけど、動きとかも何も言われなくて、一口食べた瞬間にテンション上がっちゃって、すごく幸せな撮影でした」と恥ずかしそうに告白した。

また今回のCMにはゆずの楽曲「夏色」が使われている。発表会にはゆずからのメッセージVTRが流れた。「20周年の節目の年に自分たちのデビュー曲がCMに流れるということで本当にうれしく思っております」というゆずからコメントに広瀬は「私も(夏色が)携帯に入ってます。私は1998年生まれで、夏色も1998年に発売されたということで同い年なんです! すごい縁ですよね! びっくりしました」と意外な共通に驚いた。

ことし高校を卒業した広瀬だが、友達と離れ離れになってしまったことが寂しくて仕方ないという。「かなり寂しいです。だから毎日メールしてます。今月中には1回は会いたいなと思っていて、どこどこ行こうとか話しているので、かなうといいなと思っています」と願いを打ち明けた。

その一方で一人でジムに行くこともあるという。「きのうはすごく早く撮影が終わったので、2時間くらいジムで久々に6kmくらい走ったんですよ。一人で汗かいて、それがすごく気持ちよくて…一人で何も考えずにぼーっとするというのが久しぶりでした。バスケをずっとやっていたので、体を動かさないと気持ち悪くて…」とアクティブな一面ものぞかせた。