『フリースタイルダンジョン』3rd SeasonのRec4-4
即興のラップバトル。
チャレンジャーが勝ち抜いて、いよいよラスボスとのバトルだ。
これまでの戦いは、過去記事を見てくれ。
NAIKA MCが般若と対戦だ。
とうとうこの時がきた。
熱い熱い魂の戦いだった。


ROUND1。
ビートは、B-BOYイズム/RHYMESTER。
後攻のほうが有利だと言われるバトルだが、NAIKA MCは先攻を取る。
観客の歓声で会場が揺れる。
NAIKA MC「決して譲れないぜこの美学 俺もやられたぜB-BOYの文学」
『B-BOYイズム』引用“決して譲れないぜこの美学”から口火を切る。
NAIKA MC「やられてんだよ アンタに 未だにど真ん中 けど今日はぶっ倒すぜ」
の宣言通り、ストレートでまっすぐでリスペクトしながらの戦い。ブレずに突き進む。

般若「お前にとっての真ん中 目の前にいるのがそう般若だ」
ガッツリ真正面から般若も受け止める。

般若「声がデカいだけつーかよ崇勲出せ」
NAIKA MC「崇勲はいないんだよ 今 俺だよ アンタこそブレんじゃねぇよ」
NAIKA MCは、逃がさない。真正面にまわる。
最後のターンで、般若がグイグイと攻める。
般若「俺がボスだけど本当の意味でのチャレンジャーそこをナメんな」

最後のターンで魅せた般若のノリと圧力が勝ったと観るか、
真正面から勝負してやり切ったNAIKA MCが勝ったと観るか。

モンスター3チャレンジャー2で、モンスターの勝利。

ROUND2。
ビートは、拍手喝采/DABO。
NAIKA MCは、またも先攻を取る。
現場は大声援。
NAIKA MC「NAIKA MCアンタの眼前に今来た俺にも負けられない戦いがここにあるんだよ」
小手先なし。茶化しなし。あくまでも、まっすぐ。
般若「見てみろよ 客もお前の味方 だけど これからが俺の技」
テレビでは判らないのが、現場の雰囲気。
般若の言葉から推測すると、会場の盛り上がりは、NAIKA MCのまっすぐさに傾いていたのか。
NAIKA MC「別に客の味方なんていらねぇんだよ HIP HOPが今俺の味方をしてくれてると思ってる」

NAIKA MC「NAIKA MC おっさんの夢叶える」に対して、
般若「おっさんだけじゃねぇ ジジイ ババアから 今から生まれてくる子どもの分まで」
包み込むようにして返す。
NAIKA MC「ギドラにBUDDHAに般若にMC漢に狂ったのはアンタらのせいだ 責任取ってもらうぜ」

モンスター2チャレンジャー3で、チャレンジャーの勝利。

ついに、最終戦。
ROUND3。
ビートは、Welcom To The Dungeon/SKY-HI。
先攻! NAIKA MC!
両者譲らず、真正面で殴り合うような戦い。

NAIKA MC「じょうでも無理だった崇勲でも無理だった焚巻でも無理だった
全員無理だよ無理ゲーだよクリア出来ねぇよ
おっと横にズレた所でNAIKA MCが取った」

「アンタ超えて矢沢永吉になるのは俺なんだよ」に対して、
般若「OK 永ちゃんじゃねぇよ 俺に勝てるのは長渕剛ぐれえだ」

NAIKA MC「あそこにいるヤツとあそこにいるヤツと全員で造り上げたHIP HOPは確かにそこにある」
このシーンを造り上げてきた仲間たちにリスペクトし、そのうえで超えていくんだという力強い宣告。
それに対して般若は「仲間なんか一人だっていなくても」と返す。
般若「俺は死んでもラップをする骸骨になっても 敗北を教えてくれ俺は勝利なんかいらねぇ」
叫ぶ。
般若「この気持ち 何が気持ちいい? お前と感じあって削りあってるこの命」

凄い勝負だった。

結果は、モンスターのクリティカル勝利。
抱き合うふたり。
モンスタールームのDOTAMAがすごい顔で泣いてる。
拍手なりやまず。

いとうせいこうがコメントする。
「それまでNAIKAは泥だらけの農民が
竹槍で織田信長を刺しているみたいな凄さ」
NAIKA MC、照れ笑い。
最後、般若の
「骸骨、敗北、気持ち、命でバイブスを乗せてるんだけどライムスも乗せるという」
のがきちゃって、モンスターの勝利だ、と。
「でも、ギリギリまでその竹槍は届いてたと思いますよ」
礼をするNAIKA MC。

素晴らしきロクデナシたちの本気の魂を捧げたバトル。熱かった。ありがとう。(テキスト/米光一成 イラスト/小西りえこ