イ・ミンホ、韓国初の自然ドキュメンタリーのプレゼンターに挑戦…4月3日にプロローグ放送

写真拡大

イ・ミンホが韓国では初めて自然ドキュメンタリーのプレゼンターとなる。

イ・ミンホは4月3日初放送を控えているUHD開局特集MBCスペシャル番組「DMZ、THE WILD」(企画:キム・ジンマン、演出:キム・ジョンミン、チョ・ソンヒョン) にプレゼンターとして参加した。「DMZ、THE WILD」は50年以上も人間の出入りを許さない未知の世界であり、地球上最大の温帯原始林DMZの素顔を公開する野心的なドキュメンタリーで、「アマゾンの涙」「南極の涙」制作チームと、アジアのスターを超えて名実ともにグローバルブランドとして定着したイ・ミンホの出会いという点で早くも話題を集めている。

プレゼンターはスタジオで映像を見ながら紹介コメントを話す単純なナレーターを超えて、直接ドキュメンタリー撮影現場で主要情報を伝える役割で、イ・ミンホがプレゼンターになるのはデビュー以来初めてのことであり、プレゼンターを導入した形式も韓国の自然ドキュメンタリー史上初となる。

イ・ミンホは世界唯一の非武装地帯であり、これまで世の中に公開されたことのないDMZの生態を一層リアルに伝える「DMZ、THE WILD」の制作趣旨に共感し、才能寄付の形で参加した。このような活動は、デビュー以来着実に善行を続け、自身で寄付プラットフォームまで作り、より有意義な活動に自身のグローバルな影響力を発揮してきたイ・ミンホの一貫した価値観が反映されたものといえる。

2015年10月から2017年3月まで、1年5ヶ月間も続いた撮影期間全体にかけてイ・ミンホが参加した。ドラマやCM撮影、海外プロモーションなど、忙しいスケジュールの合間を縫って制作陣と交流して現場に参加し、ドラマ撮影が終わった後、真っ先に駆けつけたのもDMZだったという。新たに挑戦するプレゼンターという領域で、イ・ミンホが披露する姿に関心が高まっている。

イ・ミンホは氷点下30℃に迫る寒さに耐えながら待ち伏せたり、思いがけない野生の危険の中でも撮影に対する熱意を表すなど、制作陣と苦楽をともにしながらDMZの素顔をよりリアルに紹介するために努力した。そのおかげで、全世界でわずかしか残っていない絶滅危機のカワウソとキイロネズミヘビ、ゼニガタアザラシ、ヤマネコなどに会い、野生イノシシの衝撃的な共食いの現場まで目の前で確認することができた。

イ・ミンホが目撃したDMZの実像は、韓国で4月3日夜11時10分、MBC「DMZ、THE WILD」プロローグ編で初公開され、6月UHD開局に合わせて本編を放送する予定だ。