IU、ニューアルバムの先行公開曲「夜の手紙」MV予告映像公開…映画のような映像美に注目

写真拡大

歌手IU(アイユー) の第1次先行公開曲「夜の手紙」の予告映像がベールを脱いだ。

所属事務所のFAVEエンターテインメントは22日の正午、MelOnを皮切りに各種音源配信サイトと公式チャンネルなどに、IUの4thフルアルバムの先行公開曲「夜の手紙」のミュージックビデオの予告映像を公開した。

24日に公開する、IUの4thフルアルバムの第1次先行公開曲「夜の手紙」は、特有の深い感性を収めたフォークバラード曲だ。

曲の発表に先駆けて紹介した「夜の手紙」の予告映像は、1960〜1970年代を舞台にしている。

まるで映画のような雰囲気が漂う予告映像でIUは、清楚で神秘的な雰囲気を演出して視線を捉え、美しい映像一本を完成させた。誰かを恋しく思う過去の自身の姿を思い出すようなストーリーで構成され、韓国の近現代文学のワンシーンをそのまま描いたようなビンテージ感のある色感とアナログ的な映像美が調和をなす。

映像と共に流れる静かなフォークバラードのメロディと、ハミングも耳を捉える。ここに「愛するという言葉」とささやく、IUの甘く魅惑的な音色まで加えられ、24日に公開される「夜の手紙」に対する期待をさらに高めている。

IUの今回「夜の手紙」のミュージックビデオはイ・スンファン、チョン・ジュニル、赤頬思春期などのミュージックビデオを担当し、注目を集めてきたイ・レギョン監督がメガホンを取った。「夜の手紙」に溶け込んだ誌的な歌詞と、IU特有のビンテージ感を個性ある演出と感覚で映像化した。

IUは24日の午後6時、MelOnを始め各種音楽配信サイトを通じて4thフルアルバムの最初の先行公開曲「夜の手紙」のフルバージョンの音源及びミュージックビデオを同時に公開し、音楽ファンたちと再会する。

また4月7日に第2次先行公開曲を紹介するなど、約5週間にわたって特別なカムバックプロジェクトを繰り広げる計画だ。

IUは4月21日に公開する4thフルアルバムを通じて、個性ある音楽人とのコラボレーション、そして多彩な感性を加えた音楽で、音楽的な成長を見せる計画であり、音楽ファンたちの関心を集めている。