極太筆で書道パフォーマンスを行った広瀬すず

写真拡大

 女優の広瀬すずが3月22日、都内で行われたロッテ「爽」の新CM発表会に出席。同商品の新イメージキャラクターとなった広瀬は、キャッチコピーにかけた法被(ハッピ)をプレゼントされ「お祭り気分ですね。ワッショーイ!」とほほ笑んだ。

 同商品が大好物だそうで、「ひとくち食べた瞬間にめっちゃテンション上がって、幸せな撮影時間でした」とニッコリ。撮影ではワイヤーアクションにも挑戦しており、「最後のジャンプのところで、男性スタッフ3、4人がかりで持ち上げてもらいました」と振り返り、「強い気持ちになりました。世界が広がる感じがありましたね」と手応えありの様子だ。CMには「ゆず」のデビュー曲「夏色」が使用されており、「私は1998年の6月生まれで、この曲の発売も98年の6月だそうです。同い年で、運命だなと思います」と目を細めていた。

 壇上では、広瀬による書道パフォーマンスも。商品名を極太筆で書くことになったが、小学生以来の書道というだけに「こんなに大きい筆、持ったことない!」「やばいな、薄いかな。垂れちゃった!」とてんやわんや。出来栄えをしげしげと眺め「ちょっとバランス悪いかな?」と首を傾げたものの、自己採点は「100点中93点!」と高めの評価だった。

 高校を卒業したばかりだが、「昨日も撮影で制服を着たんですが、『コスプレ?』って言われてドキッとしました」と苦笑い。息抜きにはジムに通うといい、「昨日はすごく早く撮影が終わったので、2時間くらいジムで、久々に6キロほど走りました。思いダンベルを持ってスクワット50回、腹筋100回とかで汗をかきました。バスケを8年間やっていたので、体を動かさないと気持ちが悪いんです。時間ができたら、ジムに行きます」とストイックな取り組みを明かしていた。