2017年3月21日(火)名古屋発アイドルグループ、チームしゃちほこが、結成以来の悲願であった地元愛知県・日本ガイシホールでの単独公演をソールドアウト8000人のファンの前で行った。

2012年の結成当初に掲げた“ROAD to 笠寺”(『笠寺』とはガイシホールの最寄駅の名称)、“アイドル5年”と歌ってきたチームしゃちほこも4月で満5年を迎え、2月に発売した2nd ALBUMのタイトルは「おわりとはじまり」ということで、まさしく5年という節目のタイミングで初めて挑むガイシホールは<1stシーズン>チームしゃちほことしての集大成の場。前回の横浜アリーナ同様、メンバーも企画会議に参加し、セットリストも一緒に考えていく形でこの日本ガイシホール公演も構成された。

チームしゃちほこのライブではお馴染みのBlur「SONG2」が会場に流れたあと、OVERTUREと共に二人の女の子がセンターステージに現れ、ライブのスタートを告げると、メインステージ中央に白いロングのチュールスカートを身にまとったチームしゃちほこ5人が登場。ニューアルバムの1曲目であり、ライブ初披露となる『プロフェッショナル思春期』の冒頭を歌い上げ、日本ガイシホールでの記念すべきライブの幕が開いた。

花があしらわれた衣装に早着替えすると、そのまま彼女たちにとっての最初のシングル曲『恋人はスナイパー』で早くも会場のボルテージは最高潮に!続けて『ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ』では、スタンドマイクを使ったパフォーマンスを披露。『J.A.N.A.I.C.A.』では、ステージを覆っていた幕が落ち、名古屋城と巨大な鯱鉾があしらわれたステージセットが登場、さらにスターダスト芸能3部所属の後輩たち20名が全国から応援に駆け付け、バックダンサーとしてステージを盛り上げた。楽曲終盤にある秋本帆華のセリフでは「いまから夢叶えちゃうけどええじゃないかー!!」と初のガイシホール公演の喜びを爆発させた。『ピザです!』では、チームしゃちほこがスタンド席に上がりトロッコで会場を1周、名古屋ではお祝い事に行う菓子まきをトロッコから行い、20名のしゃちほこダンサーズもセンターステージなどに繰り出し紙飛行機を飛ばした。

5曲目『ごぶれい!しゃちほこデラックス』を歌い終えると、伊藤がいつもの「こんにちゆー、チームしゃちほこです!ついに日本ガイシホールに来たぞー!」と告げ、メンバー紹介からお馴染み「味噌カツ、手羽先、エビフライ」コールを行い、この季節にぴったりの曲『Chérie!』へ。そしてこの日初披露となるアルバム『おわりとはじまり』の人気曲『ロードムービー』、さらに『colors』と続けた。

ここで、ラジオ番組「しゃちほこホリデー」がスタート。番組でのリクエスト曲ということで、大黒柚姫と坂本遥奈のユニット“レディオCBC”の「レディオにおねがい」が流れ、センターステージがラジオブースとなり、しゃちほこダンサーズから6人の後輩と一緒に、この日限定の振り付けで披露された。再び5人が揃うと『でらディスコ』、『首都移転計画』、ステージ上の階段を使って披露した『いいくらし』と3曲が続く。

そして、もう一曲この日初披露となったNHK Eテレ「ねこねこ日本史」のエンディングテーマ曲、秋本帆華と咲良菜緒のユニット・チームねこねこの楽曲『秘密のセレナーデ』では、額縁を用いたハイクオリティーなパフォーマンスが行われた。前半戦を終了してMCタイム。

ライブが始まる前、伊藤、大黒、坂本の3人が感動と緊張で舞台裏で泣いたことを告白。会場のお客さんもすでに感極まり涙を流したようで、ガイシホールというステージがしゃちほこにとっても、お客さんにとっても待ち焦がれていた夢のステージだということを改めて感じさせた。着用していた花の衣装が、座ると雪だるまみたいだとステージの階段上にあがって並んで座り、その状態のままMCが続く。咲良はトロッコでスタンドに上がったとき菓子撒きを忘れたようで、のちほどまくことを誓った。大黒は今日ついてくれていた後輩のしゃちほこダンサーズに「わたしの背中を見てください」と話したそうで、メンバーからは「それじゃポンコツになっちゃう!」と総ツッコミが入っていた。

そして後半戦、なぜかメキシコでしゃちほこがブームだという映像が流れ、チームしゃちほこ5人としゃちほこダンサーズ20名が連結し、PVにも登場していた“モリリン”に扮し『愛の地球祭』を披露。

メンバーカラーのお祭り風衣装に早替えした『乙女受験戦争』では、メンバーそれぞれがダンサーを従えパフォーマンス、さらに『そこそこプレミアム』では、しゃちほこダンサーズがピンクの傘を持って圧巻の光景を演出。『It’s New 世界』ではアリーナにお祭りの山車に見立てた提灯付きのトロッコが登場、トロッコからサイン入りのカラーボールを客席に投げ込んだ。

続けて『ザ・スターダストボウリング』、『抱きしめてアンセム』で再び会場のボルテージは最高潮に。そして一転、ニューアルバム『おわりとはじまり』ラストを飾っている、高橋優、提供曲でもある『なくしもの』へ。イントロとアウトロでは、魂の叫びにも似た大合唱が会場に鳴り響いた。さらに『ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL』の8000人のヘッドバンキングで会場は再着火。ステージにもファイヤーボールが上がり、会場の空気はさらにヒートアップ。

5人がステージを後にすると、伊藤千由李がこの日の為に練習したというローラースケートでソロ曲『泣いてなんかいないよ』を最後まで泣かずに熱唱。再び5人が登場し、コンサートスタート時と同じ『プロフェッショナル思春期』を今度こそ最後まで初披露。路上デビュー同時に着ていた鯉のぼり衣装が金のしゃちほこに進化した新しい衣装を身につけ、本編最後はチームしゃちほこにとっての〈2ndシーズン〉の幕開けを告げる曲『START』で8000人の拳と共に歌い切った。「あの日の別れ あの日の悔しさ乗り越えて ここにいる。」そんな歌詞とリンクする想いが会場中に溢れた。

目標に掲げてきたROAD to 笠寺までの道のりがVTRで紹介され、日本ガイシホールという夢の舞台を叶え次の目標へ向かうNEWチームしゃちほこが誕生し、アンコールに突入。「かっこよかった?楽しかった?」と会場へ問いかけるとお客さんからは割れんばかりの拍手と歓声が返ってきた。

そして「5年前から言い続けていた夢が今日叶いました。あっという間のガイシホール公演でした。新しいしゃちほこを見せたくて、きょうそれをここで見せました。これからもそんな挑戦していくしゃちほこをみなさんに見せたいです。たくさんの人のおかげでチームしゃちほこが成り立っているので、これからもついてきてください。」と涙ながらに語る坂本、「しゃちほこで今日が一番たくさんの人が来てくれた日。この5人も、来てくれたみんなとの出会いも運命だと思います。この5年で一生分の楽しいこと、悲しいことを共有してきたと思います。拍手されると人は涙もろくなるからストップ!私たちの両親はみんなです!私の一番大好きな歌詞“世界中に愛をばらまく 人気ものになるんだ”っていう「そこそこプレミアム」の歌詞のように、これからもみんなに愛をばらまいていきますので受け取ってください。」と咲良らしい挨拶もするも涙を溜めながら懸命に話していた。

ガイシといえば涙解禁と言われていた伊藤は「きょうは泣きそうなところもあったけど、それよりも楽しすぎました!大成功じゃなかったかもしれないけど、こんなに集まってくれて笑顔が見られて幸せです。これからもついてきてください。」と途中から涙声となり、ガイシでも涙をみせた。大黒は「私の初めての夢だったガイシホールという夢が、大好きなメンバー、スタッフ、ファンの皆さんと叶えられて本当に幸せです。ありがとうございます。私たちについて来れば間違いないので、これからも私たちについてきてほしいです!」。そして最後に「隣のプールで泳いでいた私がいまガイシに立っていることが不思議でたまらないです。どんな漫画も面白くおわっても続編があるでしょ?だからしゃちほこもきょうはおわりじゃなくて節目!新たなスタートを切る日です!」と秋本がスタートを宣言し、『マジ感謝』へ。

曲中の写真撮影の場面では、これまで一緒に歩んできたスタッフをステージ上に上げ、一緒にファンへの感謝を伝えるとメンバー全員が号泣。そこでチーフマネージャーである店長から「きょうでROAD to 笠寺がおわりますが、新生チームしゃちほこの新たな目標はこれです!」と突如告げられ、メンバーの頭上に巨大垂れ幕が。そこには新たな目標として“ROAD to ナゴヤドーム前矢田”(『ナゴヤドーム前矢田』とは、ナゴヤドームの最寄駅の名称)が掲げられており、いつのまにかステージに上がった総勢100名のスタッフが“ROAD to ナゴヤドーム前矢田”Tシャツになっていていた。それにはメンバーもびっくり!!!

最後にセンター秋本が「ここにいる皆さん、来てくれなきゃ矢田!」と締め、会場にいるお客さんとともに新章が始動した。ここからチームしゃちほこ2ndシーズンの幕明けとなった。