22日、韓国人の中国に対する好感度が急落していることが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は韓国・ソウル。

写真拡大

2017年3月22日、韓国人の中国に対する好感度が急落していることが分かった。

毎日経済によると、韓国の峨山政策研究院が19日に発表した月例世論調査で、3月の中国に対する韓国人の好感度は10点満点中3.21点を記録した。10点に近いほどその国に対する好感度が高いことを意味する。これは同月の日本に対する好感度(3.33点)より0.12点低い点数である。1月の調査では、中国に対する好感度は4.31点を記録し、3.56点だった日本をはるかに上回っていた。

中国は最近、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反発して韓国への経済制裁を強めている。そのため、慰安婦問題や領土問題で対立が続く日本より好感度が低くなったとみられている。

この報道に、韓国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられ、「中国の本性がはっきりと分かった。中国は今も北朝鮮の味方だ」「中国は物事を長い目で考えられないようだ」「中国は多くを失うことになる。ただのストレス発散のつもりかもしれないが、全世界に中国の素顔がばれてしまった」など、中国に批判的な声が多数の共感を得た。また、「脱中国に最適な時期」「今後は欧州と協力する必要がある」と、中国への依存度が高い経済から抜け出すことを提案する声、「中国のお酒はもう買わない。みんなもそうだよね?」「インドを育てて中国を滅ぼそう」と中国への報復を呼び掛ける声もみられた。

その他、「日本も中国も韓国が克服しなければならない相手という事実を忘れてはならない」「韓国人はまだ甘い。中国人の韓国に対する好感度はほぼゼロだよ」などと指摘する声もあった。(翻訳・編集/堂本)