カルロス!?(写真は1月の舞台あいさつのもの)

写真拡大

 テレビドラマ「カルテット」(TBS系)が21日に最終回を迎え、早くも“カルテットロス”に陥ってしまったという声が相次いでいる。

 本作は、冬の軽井沢を舞台に、カルテットを組むことになった30代男女4人の交流を描く大人のラブサスペンス。「東京ラブストーリー」などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本だ。

 TBSの火曜夜10時の放送枠で大ヒットした「逃げるは恥だが役に立つ」に次ぐ作品であり、そういった意味でも注目されていたが、松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平という豪華キャストの共演や、その4人による限定ユニットが主題歌を担当すること、その楽曲を椎名林檎が書き下ろしたことなど、当初より人々の関心は高かった。

 実際に放送が始まると、練られたストーリー展開と登場人物同士の軽妙な会話劇などが視聴者の心をつかみ、毎週放送されるたびにその反響はSNS上で拡散されていった。俳優の瑛太や歌手の大塚愛、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦らがそれぞれのTwitterで絶賛のコメントをつぶやき、芸能人もハマるドラマとしても話題となった。

 そんな「カルテット」の最終回が21日に放送された。これまで各キャラクターの過去や秘密が露見するごとに視聴者を驚かせてきたが、前回ではついに松演じる真紀の壮絶な過去が明らかに。バラバラになってしまったカルテットの1年後を描く最終話へと向かっていった。

 放送開始前からSNSには「ついに最終回(;_;)」「『1時間後にはカルテットが終わってる』と思うだけで軽く落ち込める」と期待とさみしさとが入り混じったつぶやきが。放送が終わると「いい終わり方だった」「面白かった」という作品への称賛に加え、翌朝にかけて「すでにカルテットロス…」「カルテット終わってなんもやる気でない」「カルテットロスが深刻なのでお休みしたい」などという主張が続出。すでに“カルロス”と短縮形で用いられるほどとなっており、またそうした“ロス”などの反響自体もSNSでの話題につながっている。(山田貴子)