チソン&オム・ギジュン出演ドラマ「被告人」自己最高視聴率28.3%で放送終了!

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
SBSドラマ「被告人」が自己最高視聴率で放送終了となった。残念ながら30%の壁を超えることはできなかった。

22日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、21日に韓国で放送された「被告人」は全国基準28.3%の視聴率を記録した。これは前回(27.0%) より1.3%上昇した数値である。

月火ドラマの視聴率ランキングでトップを記録しながら3ヶ月間たくさん愛された「被告人」。胸がすっきりする結末と自己最高視聴率を記録しながら幸せな結末を飾った。

この日の放送でパク・ジョンウ(チソン) はチャ・ミンホ(オム・ギジュン) を死刑囚として拘束させることに成功し、痛快感を与えた。またミリャン(ウ・ヒョン) は20年ぶりに再審を行い、監獄の仲間たちは外で集まって新しい出発を約束した。

「被告人」の後番組としてはイ・ボヨン、イ・サンユンが出演する「耳打ち」が放送される。

同時間帯に放送されたKBS 2TV「完璧な妻」は4.4%、MBC「逆賊:民を盗んだ盗賊」は8.8%の視聴率をそれぞれ記録した。