“強制出国”エイミー、弟の結婚式に出席するため一時入国許可…入国禁止処分から2年ぶり

写真拡大

プロポフォール投薬の疑いで入国禁止処分を受けたタレントのエイミーが一時帰国の許可を受けた。

21日、あるマスコミの報道によると、エイミーは弟イ・ジョセブ氏の結婚式に出席するために入国する。入国禁止処分を受けてから約2年ぶりのことだ。

親戚の慶弔事に限って法務部裁量の帰国が許されたのだ。エイミーのほかにも2002年に兵役逃れで入国禁止処分を受けた歌手ユ・スンジュンが義父の死去で3日間韓国に滞在した。

アメリカ国籍のエイミーはプロポフォールの投薬で2012年11月に懲役8ヶ月、執行猶予2年を言い渡された。再び法律を違反すれば強制出国をされても意義を提起しないという内容の順法契約書を2回提出したが、執行猶予の期間中にゾルピデムを服用した疑いで追加起訴された。

その後、エイミーは不服控訴にも負け、2015年12月に強制出国となった。

エイミー“米への出国命令”の取り消し訴訟…24日の初弁論で違法性を主張