『ワイルド・スピード ICE BREAK』(c)Universal Pictures

写真拡大

 『ワイルド・スピード』シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』より、ロング版予告映像とポスタービジュアルが公開された。

動画はこちら

 本作は、全世界累計興収3800億円を超えるアクション映画。ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムらシリーズお馴染みのキャストが再集結するほか、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレン、スコット・イーストウッドらが新たに登場する。

 公開された予告映像は、誰よりも“ファミリー”を大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)が、謎のサイバーテロリスト・サイファー(シャーリーズ・セロン)と共に現れ、ファミリーを裏切るシーンから始まる。ホブス(ドウェイン・ジョンソン)が先導となり、ドミニクの奪還を試みる姿や、ニューヨークを走る街中の車がサイファーの手によって動きだし、高層ビルから大量に落下していく様、ドミニクを追いつめるためにファミリーの敵だったデッカート(ジェイソン・ステイサム)と手を組む様子、氷河から出現する巨大潜水艦、素手で巨大魚雷と格闘するホブス、ファミリーたちにミサイルの雨の危機が迫る模様などが収められている。なお、全ての車のコントロールを意のままにしてしまう“ゾンビカー”システムのシーンは、実際に大量の車を落下させて撮影を敢行したとのこと。

 一方のポスタービジュアルには、裏切り者のドミニクとサイファー、そしてレティら“ファミリー”が対峙する様子が捉えられている。また、IMAX 3D/MediaMation MX4D/4DXでの上映が決定している。(リアルサウンド編集部)