写真は主演の西内まりや(今年1月撮影)

写真拡大

 20日に最終回を迎えたフジテレビの月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」で俳優デビューを果たした人気ロックバンドflumpoolのボーカル・山村隆太が21日、ドラマの打ち上げで一同が涙したことをTwitterで明かした。

 同ドラマでヒロインを演じた西内まりやの相手役を務めた山村は「主演お疲れさまでした」と西内をねぎらうとともに、「打ち上げでの色んなスタッフさんのお話から、今回の主演を引き受けることがどれだけのことか、改めてその重圧と困難を思い知りました」と明かし、「打ち上げにいた全員がまりやちゃんに感謝し、その頑張りにみんなが涙しているシーンが全てを物語っていましたね。ほんとお疲れさまでした」と思いやった。

 二次会は朝までみんなでカラオケに行き、flumpoolの人気曲「君に届け」を大合唱したといい、「朝5時、最後全員壇上に登って、サライを歌うかのように何故か君に届けの大合唱。笑 ほんと楽しすぎた」と述懐。「あすこん(編集部注:ドラマの略称)に出会えたこと本当によかったとそう言える!笑」と歌詞になぞらえ、「最後まで応援してくれたみんな本当にありがとうございました」とファンに感謝した。

 「突然ですが、明日結婚します」は“専業主婦になりたい女”高梨あすか(西内)と“絶対に結婚したくない男”名波竜(山村)が出会い、全く結婚に関する価値観が合わないものの強烈に惹かれ合い、複雑で滑稽でリアルな恋愛模様を繰り広げるラブストーリー。

 西内も20日、Twitterで「あすかと名波さんが出逢い恋におち、様々な壁を乗り越える2人の姿に、私自身も勇気付けられ、あすかを通して真っ直ぐな愛、家族、友情の真の部分にも触れられあたたかい時間でした。現場も時にハードでしたが沢山の方に支えられながらここまで演じる事が出来ました。ありがとう」と感謝。「そして山村さん。沢山の壁を共に乗り越えてきたと思っています。ラストの名波さんのストレートな言葉すごく心に刺さりました。これまで本当にお疲れ様でした」とつづっている。(編集部・中山雄一朗)