『「がんばれ! 」でがんばれない人のための“意外"な名言集』大山 くまお ワニブックス

写真拡大

 "名言ハンター"として、『野原ひろしの超名言 『クレヨンしんちゃん』に学ぶ家族愛』(双葉社刊)や、『名言力 人生を変えるためのすごい言葉』(SBクリエイティブ刊)などの著作もあるライター・編集者の大山くまおさん。

 近著『「がんばれ! 」でがんばれない人のための"意外"な名言集』では、著名人の言葉から少女漫画まで、意外な名言をピックアップして紹介しています。

 たとえば、東村アキコさんによる人気漫画『東京タラレバ娘』。同作は現在、日本テレビ系で放映中の同名ドラマも好評のうちに、いよいよ最終回を迎えますが、アラサー独身女性3人組の鎌田倫子を吉高由里子さん、山川香を榮倉奈々さん、 鳥居小雪を大島優子さんが演じていることでも話題を集めました。

 そんな同作で強烈な印象を残しているのが、主人公・倫子の脳内に登場する架空の毒舌キャラ「タラの白子ポン酢と炙りレバ刺し」です。

 「お前らが相手見付けるためにはそれなりの狩り場に行くしかないんタラ!!! 金払ってな!!!! まさかそのへんの道歩いて出会いが転がってるなんて思ってるんじゃあないだろうレバ!? それは20代の女だけレバ」(本書より)

 などと、語尾に「タラ」「レバ」を付けながら、辛辣な言葉で主人公を叱咤するシーンが見逃せないものとなっていますが、30代女性なら誰しも身につまされる描写が多く、漫画の読者からは「面白いけど吐きそう」(本書より)という感想も寄せられているのだとか。

 成功者や偉人はもちろん、人気漫画の主人公の言葉まで網羅した本書を、仕事や恋愛、人生に行き詰った時に広げれば、現状打破のヒントが見付かるかもしれません。