出川哲朗が子犬と念願のペット旅行を体験したり、スピードワゴン井戸田が子猫と1週間暮らしてみたり。芸能人が「もしものペット生活」を体験する様子をウォッチするちょっと変わったタイプの動物番組で、動物たちの可愛さもあいまってなかなか楽しめた。
 まず、出川のペット旅行。たくさんの子犬のなかから出川が選んだのは生後3か月の柴犬♂。名前を「てつろうくん」と名付け、伊豆の温泉旅行に出発。お供は進行役のブラックマヨネーズ小杉竜一と、愛犬グスマンを連れた具志堅用高。愛嬌たっぷりのグスマン。グスマンという名は具志堅が対戦した相手の名前からとったもので、犬種もボクサー犬と具志堅の徹底ぶりがおかしい。車での移動だが、「犬が疲れるので、休憩を取って水分補給やトイレをすませましょう」などというように「ペット旅行の心得」も教えてくれる。
 バツ1アラサ―芸人井戸田と子猫の1週間暮らしも、最初は警戒していた子猫が徐々に懐き、心の通い合う感じがちゃんと描かれていてよかった。トイレをしてくれないと悩む井戸田が、猫を飼っているダレノガレ明美に相談。ごはんの食器とトイレが近いので、トイレの位置を変えてみては? とのアドバイス通りにすると、5分も立たないうちに排泄したのには驚いた。ペットを飼ううえでの知識や情報なども教えてくれ、ペットを飼っている人たちだけでなく、これから飼おうと思っている人たちにも参考になるいい番組だった。(2017年3月17日19時57分〜)

(白蘭)