ワンダーに感謝! Photo by Venturelli/WireImage

写真拡大

 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でワンダーウーマンを演じたイスラエル出身の女優ガル・ギャドットが、第2子となる女児を出産した。

 ギャドットは3月20日(現地時間)、夫でイスラエル出身の実業家ヤロン・バルサノ、2011年に誕生した長女アルマちゃんと3人でベビーカーを押しているモノクロ写真を自身のInstagramに投稿。「私たちは4人になりました……マヤが産まれたの。本当に恵まれているわ。人生に起こるすべての奇跡(ワンダー)に感謝します」と喜びのコメントを添えている。

 3月14日には、ワンダーウーマンのロゴをあしらったTシャツ姿でお腹に手を添え、「人生や家族、仕事のルーティーンで1日中気が散っていたわ。でも今日、窓から澄んだ青空を見上げて、私は妊娠9カ月(!!!)で、もうすぐ新たな家族を迎えるんだって気が付いたの。宇宙に感謝します。みんなにポジティブなエネルギーを送るわね」とInstagramに投稿し、第2子の誕生を待ち切れない様子をみせていた。

 ギャドットが演じたワンダーウーマンが主人公の新作「ワンダーウーマン」は、8月25日から公開される。