7人組アイドルグループ、アップアップガールズ(仮)(アプガ)が、初の日本武道館単独公演の模様を収めたBlu-ray 『アップアップガールズ(仮)日本武道館超決戦 vol.1』を 3月 7日に発売、そのリリース記念イベントが、 3月20日に東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIOにて開催された。

本イベントでは、約7ヶ月ぶりのニューシングルが5月9日に発売されることが告げられ、そのニューシングルから新曲『アッパーディスコ』が初披露された。また、先日オーディションで選ばれた、アプガの妹分、アップアップガールズ(2)(あっぷあっぷがーるずかっこにき)の5人のメンバーが、バックダンサーとしてステージデビューを飾った。

三連休の最終日。超満員の会場にメンバーが登場すると、佐藤綾乃の「すごい人ですねー。みなさん元気出して行きましょー!」の声から、いきなり必殺の『アッパーカット!』をぶちかます。観客も、バラエティ番組「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)にアプガが出演してから定着した、ユースケ・サンタマリア発案の“どっこいどっこい”の掛け声で応戦する。

MCでは、ブルーレイの武道館映像を見た感想をメンバーが述べていく。森咲樹は、「武道館当日は、夢の中みたいでほわほわしてたんだけど、ブルーレイを見て、自分ほんとに武道館のステージに立ったんだな、映像の中の自分たち楽しそうだなと思いました。自分たちのことなのにめちゃ羨ましいと思ったし、またやりたいとも思っちゃいました」と語る。佐藤は、「やっぱり欲が出ちゃうんですよ。正直、武道館は会場の半分のお客さんだったし、それでもうれしかったけど、でも一度やったからには次は満員の景色を見たいなと思いました。 2回目の武道館開催に向けても、がんばっていきたいです。まずは、最高に楽しかった武道館のブルーレイを、たくさんみなさんに見て欲しいです!」と声にした。

ここからは、アプガの十八番、ノンストップライブに突入。佐藤が、「みんな覚悟はいいですか!」と叫ぶと、パワフルな
EDMチューン『UPPER ROCK』をたたみ込む。疾走感溢れるメロコアチューン『キラキラミライ』で会場のボルテージを高めると、キャッチーかつラブリーな『バレバレ I LOVE YOU』で楽しさ全開。切なくエモい『夕立ち!スルー・ザ・レインボー』を歌唱したあとは、ぶちアガリナンバー『チョッパー☆チョッパー』を投入。全観客のテンションはマックスとなり、会場の温度はリアルに上昇した。

ライブで一気に駆け抜けたあと、森から、ニューシングルの発売日が 5月 9日に決定したことが発表された。続けて森は、「ニューシングルは、日本武道館以降、初めてのシングルということで、進化と変化というテーマで、両 A面シングルで発売します」と語る。さらに、アプガの妹分、アップアップガールズ(2)(以降(2))のメンバーもシングルに参加していることを告げると、ここで(2)メンバーの 5人がステージに登場し挨拶。

鍛治島彩は、「元気だけは負けないようにがんばります」とハスキーボイスで語り、高萩千夏は、「元気 120%で、みなさんよりキラキラに輝けるようにがんばりたいと思います」と明るく宣言。吉川茉優は、「私たち、結成して1ヶ月も経っていないんですけど、今日は笑顔と元気とパワーでこの会場を盛り上げていきたいと思います」とにこやかに声を上げる。橋村理子は、「今日はステージ踊らせていただくことを心から楽しんでがんばりたいと思います」と笑顔を見せる。そして追加メンバーとして新たに加わったばかりの中沖凜は、「みなさん初めまして。1日でも早くみなさんに認めていただけるようがんばります」とフレッシュな声を聞かせた。

そして、アプガメンバーに、(2)メンバーがダンスで参加し、総勢 12人でニューシングルから『アッパーディスコ』が初お披露目された。

『アッパーディスコ』は、 PandaBoYが楽曲を手がけた文字通りのディスコチューン。あえていうなら、彼女たちの先輩ともいうべき、モーニング娘。リスペクト感を感じさせるナンバーだ。アプガにとって初のディスコチューンは、ファンキーなフレイバーもありつつBPMは早めという鮮烈さ。“アッパーディスコ”のフレーズが繰り返されるサビが耳に残る、インパクトの大きい楽曲だ。ノリノリのビートに乗った、ステップやこれまでの振りを織り交ぜた躍動感あふれるダンスも見ごたえたっぷり。アプガメンバーのバックで、(2)も笑顔で踊る。

さらに新井愛瞳から、「4月6日に、AKIBAカルチャーズ劇場で、アップアップガールズ(2)の初のライブを行います。私も
1日限り、(2)に参加します。(2)の初めてのライブ、全力でがんばって歌って踊りたいので、みなさんぜひ遊びに来てください」と語った。ここで関根が、(2)の吉川に「まーちゃん、イベントに向けての気合の一言を!」といきなりのむちゃ振り。吉川は一瞬戸惑いながらも笑顔で「新井さんを倒します!」とかわいく宣言。古川の号令でアプガメンバーは、力強く「デストロイ!!」の掛け声を上げた。面白さと若干のカオス感が漂う中、最後は関根が「 2017年はもっともっと面白いことを、アプガメンバー、(2)メンバー、この12人でやっていきたいと思います。みなさん、ついてこーい!」と叫び、会場は大歓声に包まれた。

アプガメンバーと、(2)メンバーが勢揃いした今回イベントは、武道館以降のアプガが本格的に動いていく、新たな一歩目という印象を受けた。今後の予定も盛りだくさん。アプガがこれからどんな動きを見せていくのか、その動向に注目しよう。