韓国IT大手で初、ネイバーに女性CEO 「仕事と結婚」の元記者

写真拡大

韓国のIT最大手ネイバー(NAVER)は、ハン・ソンスク副社長(50)が同社初の女性最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。韓国IT大手トップへの女性就任は初めて。同社が向かう方向性、そして韓国IT業界における大きな変化を示す人事だ。

CEO交代人事は、17日の株主総会で承認された。8年間にわたりCEOを務めた金相憲(キム・サンホン)は顧問職に就く。

ネイバーは既に、男女間の賃金格差や女性役員の割合といった観点から韓国で最も女性が活躍しやすい企業とされていたが、ハンのCEO就任によって「ガラスの天井」が打ち砕かれた形だ。

ハンのCEO就任は、韓国IT業界の女性にとって新たな基準となる。韓国スタートアップ・エコシステム・フォーラム(KSEF)の報告書によると、ITスタートアップ企業の創業者における女性の割合はシリコンバレーで24%、シンガポールで19%だが、韓国では10%に満たない。韓国企業全体での女性CEOの割合も、わずか2.6%だ。

だがハンの昇格には、それ以上の意義がある。時価総額で韓国第6位の企業であるネイバーは現在、世代交代の最中にあり、新CEO人事は同社で起きている一連の変革の一つにすぎない。

17日には同時に、ネイバー創業者の李海珍(イ・ヘジン)会長が、欧州・北米での市場開拓に注力するため、取締役会議長を退任した。韓国最大のウェブポータルを運営し、アジア地域で人気のLINEやSNOWといったアプリを傘下に置く同社は28日、新たな事業方針を発表する予定だ。

ハンは昨年10月にCEO就任が発表されて以降、AI(人工知能)や自動運転といった先進技術分野への進出を積極的に狙うネイバーの姿勢を強調してきた。同社は関連研究開発費として、向こう5年間で5000億ウォン(約505億円)の投資を発表している。

ハンはCEO昇格後にこう語っている。「一回の成功が長く続かないことは、IT業界の誰もが知っている」「業界がかつてない速さで進化していく中、ネイバーは骨身を惜しまず絶えず変化することで、新たな機会を見いだしていく」

成功したのは「独身だから」

IT記者を経て検索エンジン会社エンパス(Empas)を共同創業したハンは、2007年にネイバーに入社。以来、動画のライブ配信、デジタルコミック、小説、テレビ、ショッピング、ブログなどを含むコンテンツ事業の方向性に大きな影響を与えてきた。

昨年行われた女性誌コスモポリタン韓国版のインタビューでは、自分は記者出身のため、人々が何をしているのか、週末に何を観たり読んだりしたいと思っているのかについて、大きな関心があると語っている。

今の立場に上り詰められたのは、仕事中毒だからだという。独身で子供がいないハンは、「仕事と結婚した」とも言われる。

コスモポリタン誌に、なぜ27年間にもわたりイノベーションを続けられるのかと聞かれると、ハンは冗談交じりにこう答えた。「そうですね、独身だからでしょうか? 仕事以外にすることがないのが重要みたいです」

ハンは、IT業界には今、女性の力が必要だと語る。というのも、問題に対するアプローチの仕方やユーザーとしての動向には男女間で違いがあり、企業には幅広い理解が求められているからだ。

他方でハンは、人々は自分の強みに特化するべきであり、男女間の差を短絡的に差別とみなす考えに警鐘を鳴らしている。

とはいえ、IT業界で活躍する女性が今後増えることを期待しているというハン。インタビューではこう語っている。

「これまで、結婚や育児によってキャリアが阻まれた女性人材が、あまりにも多かった。こうした構造の中では、女性が職場で自分にふさわしい立場を得るのは難しい。優秀な女性がこの業界でキャリアを追求し続けることを、心から願います」