リビングのソファーに座ってテレビで映画やスポーツを見ているときに「あービール飲みてぇ」と思っても冷蔵庫のあるキッチンまで行くのは面倒くさいもの。そんな不便さを解消してくれ、さらには電源を内蔵してノートPCやスマートフォンの充電も可能なコーヒーテーブルが「Sobro」です。

SOBRO

https://sobrodesign.com/

StoreBound - Ideas to Products

https://www.facebook.com/storebound

This Amazing Coffee Table Keeps Beers Cold, Plays Music and Even Charges Your Phone - Maxim

http://www.maxim.com/gear/sobro-cooler-coffee-table-2017-3

これが冷蔵庫&電源内蔵のコーヒーテーブル「Sobro」。大きな引き出し部分は冷蔵庫になっており、500ml程度のボトルを収納できるようになっています。また、その右横には大小2つの引き出しがあって、ケーブルなどの小物を収納するのに便利そう。サイド部分にはUSB端子×2口と、電源コネクター×2口、そしてBluetooth対応スピーカーが内蔵されています。長辺の長さは約110cm、奥行きは約58cmで、脚を除く本体の高さは約44cmです。



冷蔵庫には大小30本程度のボトルを収納可能。テレビ観戦中に盛り上がっても、飲み物がなくなってしまうという事態は防げそうです。



サイド部分のUSB端子はスマートフォンなどの充電用。出力のパワーが公表されていないのが少し不安ですが、充電そのものは問題なく行えるはず。



また、同じサイド部分にBluetooth対応スピーカー(上)と電源コンセント(下)を内蔵。コンセントは110ボルト×2口で、それぞれ最大100ワットまで。ドライヤーなどには使えない模様ですが、ノートPCを接続するには十分な容量と言えそうです。なお、仕様としては日本でも十分使えそうなSobroですが、法規上の理由で当初は本国アメリカとカナダのみの発送になる模様。日本などその他の国への発送については、引き合いが多ければ対応する可能性があるようです。



実際にSobroが使われるシーンを収めたムービーも公開されています。

Sobro Coffee Table - YouTube

Sobroは天面が強化ガラス製のコーヒーテーブル。天面の右手前部分には各種コントロールを行うための操作パネルが内蔵されています。



スマートフォンとBluetoothで接続し……



サイド部分のスピーカーから再生することが可能。また、底面にはLEDが内蔵されており、7色のライティングを行うことが可能。



テレビでスポーツを見ている時には……



いつでも引き出しからビールやソフトドリンクを取り出して飲むことができるので、興奮に水を差されることもなし。



従来のコーヒーテーブルとの違いを示すという画像がコレ。2016年までは昔ながらの木製のコーヒーテーブルが、2017年になると突然Sobroに置き換わるという、非常にわかりやすいコンセプトが込められています。



SobroはクラウドファンディングサイトのIndiegogoで出資を募るキャンペーンを実施中。目標金額の5万ドル(約560万円)に対し、記事作成時点では世界中の200人以上の出資者から約14万ドル(約1560万円)の出資が集まっています。

複数あるEarly Birdプランのうち、Super Early BirdプランとSpecial Early Birdプランはいずれも枠がいっぱいの状態で、記事作成時点では通常のEarly Birdプランに599ドル(約6万7000円)で出資が可能。通常のプランは699ドル(約7万8000円)となっています。ただし、前述のように日本への発送は記事作成時点では設定されていないため、今後の対応に期待したいところ。



カラーは「White」に加えて木目調の「Wood」とシックな「Black」が用意されています。



出資の締め切りは日本時間で2017年5月ごろまでとなっており、出荷時期は2017年9月ごろが予定されています。

Sobro - A Cooler Coffee Table | Indiegogo

https://www.indiegogo.com/projects/sobro-a-cooler-coffee-table-bluetooth-furniture#/