写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は21日、「CLA」の特別仕様車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC レーシング エディション」を発表した。

「CLA」はスポーティでダイナミックなデザインが特徴の4ドアクーペ。「Aクラス」「Bクラス」「CLA」「CLA シューティングブレーク」「GLA」の5モデルで構成される、新世代のメルセデス・ベンツを牽引する戦略車種「NGCC」(New Generation Compact Cars)のひとつとなっている。

特別仕様車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC レーシング エディション」は、「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースに、「メルセデスAMGが誇る量産2リッター最強エンジン」を搭載。最高出力381PSを発揮し、0-100/h加速は4.2秒と優れた加速性能を実現している。メルセデスの安全運転支援システム「レーダーセーフティ」も装備し、メルセデスAMGブランドのエントリーモデルとして最適な特別仕様車となっている。

こうした性能、装備を実現しながら、パワーシートをマニュアルシートとするなど、装備内容のスリム化により、戦略的な価格を設定した。価格は664万円(税込)で、カルサイトホワイトが51台、コスモスブラックが39台、合計90台の限定販売となっている。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークのAMGパフォーマンスセンターおよびAMG専売拠点「AMG東京世田谷」を通じて注文受付を開始する。

(山津正明)