昨年8月にトヨタ自動車(以下トヨタ)の完全子会社となり、グループの中で軽自動車と新興国向けの小型車の開発を受け持つダイハツ工業(以下ダイハツ)。

1

同社は今年3月1日に創立110周年を迎え、持続的成長と発展を目指すため、2017年から2025年までの中長期経営シナリオ「D-Challenge 2025」を策定しました。

新たなグループスローガン「Light you up」の考え方のもと、「モノづくり」と「コトづくり」を主軸に事業を推進し、同社が得意とするインドネシアやマレーシアなどを中心にダイハツブランドを確立、経営基盤の強化に取り組むそうです。

「Light you up」には「光」、「軽やかさ」の2つの意味があるそうで、顧客ファーストに則り、きめ細やかな商品やサービスを実現することで、輝くライフスタイルを提供。環境負荷の少ないスモールカーで軽やかな気持ちを提供。

「モノづくり」では、親会社のトヨタと協力し、東南アジア諸国連合(ASEAN)等、新興国向けの小型車生産拡大を柱に、2025年度までに世界生産目標を2015年度比で100万台増となる250万台に設定しました。

トヨタ自動車によるクルマづくりの構造改革「TNGA」に倣い、新興国で求められるコスト競争力に対応するため、ダイハツ版となる次世代の設計・生産手法「DNGA」(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を採用。

第1弾として2020年までに「DNGA」を適用した軽自動車を国内市場に投入し、その後Aセグメントや、新興国向けのBセグメントの小型車に対しても、トヨタと投入時期を協議しながらスピード感をもって順次適用していくそうです。

情報によると、軽自動車の有力候補は、同社が前回の東京モーターショー15に出展したニューベーシックスモールカー「D-base」を具現化した、次期「ミラ」の可能性が高いようです。

また「コトづくり」では顧客や地域との接点拡大を進め、同社が貢献できるテーマで高齢者、女性、地方の人々等とのつながりを強化、いきいきとモビリティライフを過ごせる社会に向け活動を展開するそうです。

ダイハツでは電動化や自動運転、コネクティッドカーなどの先進技術において、軽自動車やコンパクト車ならではの仕様を想定、良品廉価なクルマづくりを目指す考え。

一方、新興国では、インド市場を主力にするスズキもトヨタとの提携関係を深めており、両社に対する今後のトヨタの「舵さばき」や棲み分けについても注目されます。

Avanti Yasunori・画像:DAIHATSU)

【関連記事】

新型エコカーの投入効果テキメン!? 国内市場に復調の兆し!
http://clicccar.com/2017/03/21/456050/

スズキがトヨタの「仲間づくり」への参入を表明した理由とは?
http://clicccar.com/2017/02/08/443489/

トヨタとスズキが共同会見。提携の噂はやはり本当だった!
http://clicccar.com/2016/10/13/407107/

トヨタが「PIXIS JOY」を発売!深まるダイハツとの関係
http://clicccar.com/2016/09/13/399216/

トヨタ自動車がダイハツ工業の完全子会社化を正式発表!
http://clicccar.com/2016/01/30/351768/

「DNGA」を展開するダイハツ、第1弾は次期「ミラ」か?(http://clicccar.com/2017/03/22/456232/)