写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京急電鉄、シャープ、ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズの4社は、多言語観光ガイドを行うコミュニケーションロボット「ロボホン」のレンタルサービスを4月25日から京急羽田空港国際線ターミナル駅2階で開始すると発表した。

このサービスは、日本語に加え、英語・中国語に対応したコミュニケーションロボット「ロボホン」を「グローバルWiFi羽田空港店カウンター」でレンタルし、「ロボホン」と一緒に旅を楽しむことで、訪日外国人観光客の方々に日本文化と触れ合った想い出を作ってもらおうというもの。

「ロボホン」は、位置情報に合わせておすすめのスポットを紹介するほか、写真撮影、プロジェクターでの写真・動画表示、ダンスや歌などを提供。また、お土産として「ロボホン」のプラモデルや、オリジナルロボホンウェアや、卓上ホルダなど、「ロボホン」グッズの購入も可能だという。

レンタル料金(税別)は、24時間(1泊2日可):1,500円、48時間(2泊3日可):3,000円、72時間(3泊4日可):4,000円で、以降12時間毎 500円となる。なお、WiFiルーターレンタル料金は別途必要。レンタル機の返却は、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の「グローバルWiFi」店舗カウンターでも可能。

また、日本人観光客向けにはレンタルサービスやグッズ販売に加え、「ロボホン」本体も販売する。

各社役割は、京急電鉄がロボホンレンタル事業、ロボホン本体および各種関連商品の販売、シャープがロボホンの英語・中国語対応および基本アプリの多言語化対応、ビジョンがロボホンレンタル、販売の顧客対応および運用、フューブライトが位置情報に合わせてスポット紹介するなど、新規アプリの開発を行う。

なお、2017年9月末日までのキャンペーンとして、レンタル後に購入した顧客の特典として、「ロボホン」の機能を楽しむために加入が必要な「ココロプランベーシック」1年分と「キャリングケース」(合計約23,000円相当)をプレゼントする。

(丸山篤)