エスアンドエイチジャパン(株)(TSR企業コード:292507666、法人番号:8010001038147、中央区日本橋堀留町1−4−16、設立平成2年11月、資本金7500万円、代表清算人:宮川勝之弁護士)は2月28日、東京地裁に特別清算を申請し3月10日、東京地裁から特別清算開始決定を受けた。
 負債総額は約25億円。

  ドイツ・ジーマティック社の総輸入販売元として、同社製のシステムキッチンの販売施工などを手掛けていた。ゼネコンや大手不動産会社などに事業基盤を築き、ピーク時の平成20年3月期には44億2588万円の売上高をあげていた。
 しかし、その後は市況低迷などの影響から23年3月期には売上高が9億352万円に低下。24年3月期から26年3月期には大型受注などもあり売上高は一時回復基調にあったが、ここ数年は市況が一段と厳しさを増し、28年3月期の売上高は7億5369万円にとどまっていた。また、過去のデリバティブでの多額の損失、売上低下による赤字計上などで、大幅な債務超過に陥っていた。
 そうしたなか、28年6月には前代表が亡くなったことで後継者問題を抱えることとなった。同年10月、キッチン販売事業を(株)エスエムダブリュ・ジャパン(TSR企業コード:022745041、法人番号:4010001178855、東京都港区)に譲渡し、当社は清算処理を進め29年2月15日、株主総会の決議により解散した。