第3出動…ちょっと待って!参加すると損する女子会の特徴

写真拡大



女同士でわいわい言いながら飲んだり、食べたりするのってとっても楽しいですよね。でも、いくら楽しい女子会もこんな傾向が出ていたら要注意。いつのまにかあなたの負担になってしまうことがありますよ。

■◆ カーストができている

「最初はただ仲良く飲んでいただけなんですけど、ボス的な存在がいつのまにかいるようになりました。常にその子の顔色をうかがったり、その子にダメ出しされたりとストレスがたまるようになりました」(26歳/設計)

「会のメンバーの中で序列ができてしまいました。みんなで特定の子をイジったり、逆にリーダー的な子を持ち上げたり。抜けるに抜けられなくなって困りました」(26歳/事務)

最初は楽しく集まっている女子会も、会を重ねるうちにカーストができてしまうことも珍しくありません。いったんカーストができてしまえば、お互いの顔色をうかがったり、言いたくもないお世辞を言ったりと、まったく楽しめない会が開催されることになります。ストレスを溜めないためにも、ボス的存在が生まれたら都合をつけて抜けてしまいましょう。

■◆ 悪口メイン

「基本的に誰かの悪口ばかり言っている女子飲みはあまり参加しないようにしています。たまにならストレス発散になっていいけど、毎回毎回誰かを悪く言うのは逆にストレスがたまります」(24歳/製造)

「悪口ばかり言っていると、『この子は私のこともそう思っているんじゃないか』とだんだん他人を疑うようになってしまいます。お互い信用できなくなるのでダメ」(27歳/IT)

お酒の席では話もはずんで、ついつい悪口が止まらなくなってしまいますよね。たまのガス抜き程度なら問題ありませんが、いつも誰かの悪口ばかり言い合う女子会はお互いの関係も悪くしてしまいます。せっかくなら楽しい話で盛り上がりましょう。

■◆ 飲みすぎ&食べすぎ

「同期で女子会をするようになって1年で5キロ太りました。週末は夜を徹して飲んだりしているので、それが原因です」(27歳/IT)

「お酒を飲んで酔っ払って騒げばイヤなことも忘れられるし何よりも楽しいけど、そうやって忘れてばっかりでは結局なにも変わらないなと最近気づきました」(26歳/事務)

楽しくてついついお酒も食事も進んでしまう女子会。グルメな仲間が集まれば目の前の美味しい食事を我慢するのも難しいかもしれません。ただし、あまりにも食べすぎると自分の健康や体型を崩してあなたの魅力を損ねてしまいます。ストレス発散のためと理由をつけている人もいるかもしれませんが、飲んで食べて忘れるというのは一時的なストレス発散方法であるということもお忘れなく。

■◆ 開催頻度が高すぎる

「彼氏がいない女子だけで女子会をしていますが、みんな暇なので週三回集まって飲んでいました。それはそれで楽しかったのですが『これじゃ、ますます彼氏できないよね…』という話になりました」(28歳/公務員)

「みんなで集まると楽しいし、ひとりでいるのは寂しいのでなんとなく集まってしまっていました。でもいつも集まっているんじゃなくてもう少しひとりの時間を自分のために使ったほうがよかったなと反省しています」(30歳/IT)

みんなで集まれば楽しいし、日頃の不安も忘れることができますよね。彼氏がいないときは寂しさを紛らわすことだってできます。でも寂しいからと頻繁に会を開催していると、生活に恋愛の入る余地がなくなってしまいます。ひとりで自分を高める時間も取れませんから、開催はほどほどに。

■おわりに

そうは言っても女子会はやはり楽しいものです。自分の中で節度を持って、仲良しのメンバーと最高の時間を過ごしてくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)