結婚したいね、と言えない男子の「結婚におわせフレーズ」

写真拡大



彼女のことが大好きで、ふたりの結婚の話題とかを出したいけど、シャイなせいで直接的には言えない男子ってたくさんいます。そういう男子は、「結婚したいね」とかそういうことは言わずに、でも、さりげなく結婚トークをして彼女の態度を探ってきます。そういうのをしっかり察知してあげて、あなたの方からも結婚の話題を振ってあげたら、なにかとスムーズにことが運ぶと思いますよ。そこで今回は、20代男子30人に「『結婚したいね』の代わりに使う『結婚におわせフレーズ』」について聞いてみました。

■1.「友達の結婚式、行ったりする?」

「最近周りが結婚してて、俺もそろそろと考えてるけど、なかなか言えないので、『友達の結婚式とか行ってみて、どう?』って回りくどく聞いてみたりする」(営業/27才)

こういう質問に対して「超あこがれる!」とか「いいなーってなるよね」とか答えてあげると、「ということは、俺とも結婚したいのかな?」って思ってうれしくなってくれるそう。逆に、「大変そうだよね〜」とかネガティブなこと言っちゃうと、シュンッとなっちゃうんだそうですよ。

■2.「どういうお部屋に住みたいの?」

「結婚後に住みたい部屋の話題とかは、意外としやすい。間取りとかの話をして、そういう周辺のリサーチをして感触を探る(笑)」(外食/26才)

ふむふむ。たしかにこういう話題が盛り上がると、「結婚したいなー、楽しそう」って気分になってきますもんね。こういう質問が来たら、「俺と結婚して一緒に住むなら、どういう部屋?」って意味だと読み替えて、具体的に答えてあげましょう。答えが具体的なほど、あなたも結婚を、少なくともカレとの同棲を真剣に考えていることが伝わりますよ。

■3.「ハネムーンはどことか行きたいの?」

「新婚旅行とかの話題もする。普通に、旅行で行きたいところを聞く感じのトーンでいけるから、聞きやすいかなと」(SE/26才)

ハネムーンはやっぱり海外がいい、断然!まあ私の意見はどうでもいいんだけど、これも、「うーん、まだわかんない」とか煮え切らない答えじゃなくて、どこでもよくても、「ここがいい!」っていうのがあるといいですね。そしたらカレも、「そっか〜! 一緒に行きたいね〜!」みたいに話を持っていきたいと思うんです。

■4.「式はどんな感じにしたい派?」

「理想の結婚式のスタイルも、聞くかな〜。わりと普通に、友達とかとの間でもするような話題だったりするから、普通に切り出しやすいんだよね」(アパレル/29才)

これは、ぜひともカレと意見を合わせておきたいところ。ここで価値観がズレると、なんかどっちかが結婚式を楽しめなくなっちゃいそうですもんね。ちなみに実際の結婚式となると、職場の上司とかに来てもらったりしないといけなかったり、現実的な問題が山積みなので、こういうふうにずっと先の結婚式を妄想してるのが一番楽しいんですよね(笑)

■5.「子供は何人ほしいの?」

「子供の話は、結婚よりも現実味がなさすぎるせいか、しやすかったりするかも。でも、結婚を考えていない彼女とは、絶対にしない話題だね」(出版/25才)

あとは、「子供の名前何にしたい?」とか、「男の子がいい? それとも女の子?」とかもそうらしいです。まだ結婚前に子供の話なんて、たしかに実感なさすぎるけど、想像すること自体が幸せだから、それでいいですね。

■おわりに

どうでしたか?「カレ、将来とかちゃんと考えてるのかな?」って思っても、実は会話のはしばしにサインは表れているのかもしれませんよ。結婚したくないって思ってたら、こういった、結婚を少しでもにおわせるようなこと言ってきたリしませんから絶対に。話したいけどストレートに言い出せない、そんなシャイなカレを愛してあげましょう!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)(小南光司/モデル)(泉三郎/カメラマン)