格安SIMの「b-mobile」を手がける日本通信は、ソフトバンクのLTEを利用した格安SIM「b-mobile S」を、きょう3月22日から提供開始しました。

ソフトバンクでもSIMロック解除せず利用可能!月額880円から

日本通信が提供する格安SIMサービスブランド「b-mobile」に追加された「b-mobile S」は、ソフトバンクのLTE回線を利用したサービスで、ソフトバンクのSIMロックがかかっているiPhoneやiPadでも利用できるのが特徴です。
 
第一弾となる「開幕SIM」では、1GB・3GB・7GB・30GBの4種類のデータ容量プランを選択でき、ソフトバンク提供のプランと比較すると、最大73%の節約になる料金設定となっています。ソフトバンクのプランとb-mobile S 開幕SIMの料金比較は以下の表の通りです。
 

ソフトバンク
プランb-mobile S
開幕SIM節約率1GB3,200円880円73%3GB3,800円
(2GBプラン)1,580円58%7GB5,300円
(5GBプラン)2,980円44%30GB8,300円4,980円40%

 
※表のソフトバンクの料金は、iPhone向けの月額料金から音声基本料金を除く、データ通信のみの料金です。なお3GBおよび7GBのプランがないため、2GB・5GBの料金と比較しています。
 
このほか月額料金のほかに、初期手数料相当のパッケージ料金(3,000円)がかかりますが、いわゆる2年契約の縛りはありません。

対応機種はiPhone5以降

対応機種は、ソフトバンクのiPhoneはiPhone5以降、ソフトバンクのiPad(Wi-Fi+Cellularモデル)は、iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini以降、iPad、iPad 2、iPad(第3世代・第4世代)となっています。
 

ソフトバンクのiPhoneソフトバンクのiPad
(Wi-Fi+Cellularモデル)対応機種iPhone5 以降iPad Pro
iPad Air 以降
iPad mini 以降iPad
iPad 2
iPad (第3世代)
iPad (第4世代)型番BS-IPN-DNBS-IPA-DNBS-IPA-DMSIMサイズnano SIMnano SIMmicro SIM

 
ソフトバンクで契約したiPhoneのSIMロック解除は、2015年5月以降に発売された機種に限っており、iPhoneでは、iPhone6s/6s Plus以降の機種しか対応していませんでした。今回のプランを利用することで、iPhone5〜iPhone6までの機種でも利用できるのは利点です。
 
ただし注意点として「b-mobile S」には音声通話プランはなく、データ通信専用のプランとなっています。音声回線を利用するSMSにも非対応となります。
 
日本通信b-mobileの公式Twitterアカウントでは、ユーザーの質問に答える形で、音声通話プランやテザリングについて回答されていますが、現状は「通話に関しては調整中」で、テザリングについても「利用できないようです」としています。
 


 


 
 
Source:日本通信
(asm)