写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●『俺物語!!』公開前日、あの日から
永野芽郁(17)をインタビューしたのは約1年半前。ヒロインを演じた映画『俺物語!!』の公開前日だった。期待と不安の胸の内を正直に話してくれたあの日から、永野は凄まじい勢いで人気女優の階段を駆け上がっていく。ドラマでは月9と初主演を経験し、今年だけで5本の出演映画が公開。ピンクレディーの「UFO」をバックに深田恭子、多部未華子と並ぶUQモバイルのCMで、彼女を見ない日はなくなった。

初主演映画『ひるなかの流星』(3月24日公開)は、クラスメイト・馬村大輝(白濱亜嵐)と担任教師・獅子尾五月(三浦翔平)の間で揺れ動くピュアな乙女心を描く。田舎育ちで恋を知らない主人公・与謝野すずめ。告白してはフラれ、泣いて笑って涙を拭いてまた笑って。永野は、そんな微妙な感情の揺らぎを器用に演じている。

今月2日、完成披露試写会の締めくくりのあいさつで、永野は感極まってしまう。最近では友人の舞台を観劇した後にも感情が込み上げたという。その姿は、自分の涙の意味を考えるすずめと偶然にも重なり合う。それぞれの涙は、どのような思いから溢れたものだったのか。一つひとつの受け答えから、彼女の女優としての進化と変わらない魅力が見えてくる。

――前回お会いしたのが2015年10月30日。『俺物語!!』の公開前日でした(2015年12月1日掲載:永野芽郁、賛否の中で挑んだ『俺物語!!』ヒロインの真価と成長「私のすべてが変わりました」)。

ありがとうございました!

――こちらこそ! あれから1年半、ドラマや映画、CMなどで大活躍ですね。

『ひるなかの流星』の撮影が去年の10月。そのほかにも、2つの作品を撮っていて、2016年はあっという間でした(笑)。

――2016年の目標は、2つの意味を掛けて「百%頑張る」「ひゃく→ひやくの年にする」(オフィシャルブログ「ひなたぼっこ中」2016年1月1日投稿より)でしたね。

なつかしい! 今振り返ってみると、忙しすぎたわけではないと思うんですけど……作品が終わったと同時に次の作品がはじまるみたいなペースだったので、自分の中で「切り替え」がうまくできていたのかどうか……。フワフワした状態のまま、次の作品への準備がスタートしていたような一年でした。

――そういう状況の中での今回の作品。冒頭のシーンがとても印象的でした。永野さんがスカウトされた街・吉祥寺から物語がはじまります。

サンロードを歩いて服屋さん巡りをしたり、井の頭公園では友だちとボートに乗ったり。吉祥寺は小さい頃からの思い出の場所で、今でも友達と遊びに行ったりします。最近は演じる役が住んでいる場所になることが本当に多かったので、すごく縁のある街だと思います。

――そういう場所で別人格になるのも不思議ですね。演じる上ではプラスに作用するものですか?

撮影中は何も考えずにやっていますが、今考えてみるとプラスにはなっているかもしれません。自分が歩いた道、過ごした場所だからこそ、無意識に「見守られている」気持ちになっていたんだと思います。

――なるほど。今回の作品は、ロケが多かったそうですね。

今回のロケは本当に大変でした(笑)。待ち時間はロケバスか簡易テントで、山奥はとにかく寒い。スタジオはそのあたりの機能も含めて、ギュッと集まっている場所。スタジオのありがたさをあらためて感じました(笑)。ロケだと周囲の音とか、予定外の出来事で中断することもありますが、スタジオではそんなこともありません。集中しやすい環境をスタッフさんが作って下さっているんですね。

――写真家・篠山紀信さんは、被写体の素の表情を引き出すためにあえて過酷な環境で撮ることもあるそうです。女優さんにもそういうメリットはありますか?

寒い時の方が空気が澄んでいるのか、映像としてきれいな気がします。感情によってはすごく切なく見える時と、儚く見える時と。確かに過酷な環境の方が表現が豊かになるのかもしれませんが、お芝居している時は考えずにやっているので、出来上がりを見るまでは分かりません(笑)。

――山奥で遭難しそうになるシーンがまさにそう?

まだ耐えられる寒さでしたが、クライマックスの馬村くんとのシーンは本当に寒かった(笑)。

――スクリーンからは全く伝わりませんでした(笑)。

本当ですか!? よかったです(笑)。カットが掛かった瞬間、スタッフさんが防寒着を持って来て下さいました。『俺物語!!』では仙台が舞台でしたが、今回は転々といろいろな場所で撮影したので移動にも時間が掛かって、撮影が早く終わってもホテルに着くのが遅くなることもありました。

――すずめちゃんの気持ちがどちらの男性に向いているのか、はっきりとしないまま物語が進むので気になってしょうがなかったです。

そう言っていただけるとうれしいです(笑)。

――運動会のリレーで、馬村くんと獅子尾先生が競い合うシーンがあります。すずめちゃんが送った声援は、どちらに向けたものだったんですか?

あれは……分からないです。答えはありません(笑)。演じている時は、どちらに向けたわけでもなく、自然と出てきました。

●「自分はまだまだな人間。何もできません」
――そのような微妙な感情の揺らぎが、この作品の生命線になっています。はっきり気持ちが表れるシーンと曖昧なシーン。そういう意味でも大変な役だったのでは?

他の作品でもそうなんですが、台本をしっかり通して読んだら、基本的には頭に入るので読み返さないです。それは初見の印象を大切にしたいから。その時のイメージに合わせて、監督と相談しながらやらせていただいています。

――不安になってもう一度読み返したりしないんですか?

もちろんその日の撮影部分は読みます。ただ、通しで一度体験していることになるので、「それをもう一度やってみて」と言われているのと同じことだと思っています。そんなに難しいと感じることもなく、「あのシーンか、つらいなぁ」と思いながら演じています(笑)。

――3月4日放送のドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』では、見事なコメディエンヌぶりでした。演じる上で違いはあるんですか。

コメディをコメディと思わずに演じています。セリフを役のイメージとして読んでいるだけなので、あまり深く考えたことありませんでした。面白くしようと意識したら、逆に面白くなくなってしまうと思うので、「面白いお芝居を真面目にやる」を心掛けています。

『俺物語!!』はラブコメディでした。最近も変わった役がすごく多いんですが、凛子は雰囲気が吹くと飛んでいっちゃいそうな女の子。でも、「フワフワした女の子」と自覚するのではなくて、それが正常だと思って演じています。

――前回のインタビューでは、あるドラマでなかなか泣くことができずに苦労した話をしてくださいました。今回は、いろいろな感情の涙がありましたね。先ほどの話だと、すずめちゃんの気持ちになりきって自然にあふれてきた。

はい。ぎりぎりまでは「永野芽郁」なのでゲラゲラ笑ってるんですけど、「よーい!」と言われた時にたぶん切り替わるんだと思います。相手の方の目を見た時には「すずめ」になっています。今回は泣くことに苦労することはなかったです。

――どのように切り替えているんですか? 役者さんは撮影現場で「気持ちを作る」ということを聞いたりもしますが。

よく現場で「泣く準備ができ次第、永野さんのタイミングでスタートします」と気を使って下さることもあるんですが、逆に緊張して何もできなくなっちゃいます(笑)。突然始まった方がフラットな気持ちで入れるんです。

――3月2日の完成披露試写会、締めのあいさつで感極まって涙を流す場面がありましたね。あの涙はどのような感情だったんですか?(2017年3月3日掲載:永野芽郁、感極まって涙「本当に幸せでした」)

すごく正直に話すと、完成して観ていただけることはもちろんうれしかったんですけど、作品が少しずつ自分から離れて皆さんのもとに届いていく「安心」な気持ちもあって。自分から作品が離れていくさびしさもありますが、本当に体力的にも精神的にもきつかったので……。それが少しずつでも皆さんに観てもらえて、認めてもらえる作品になったらいいなと考えていたら、自然と涙があふれてきました。

――一言では説明できない涙ですね。

そうですね(笑)。「どんな涙?」と言われると、安心の涙だったのかもしれないですけど、会場のお客さまがとても温かくて優しく迎えてくださったので、そこに安心した部分もありました。

――2月17日に投稿したブログも涙にまつわるエピソードでした。同世代の方の舞台を観劇して感動し、涙したこと。そして、「舞台ってすごいなぁ。生ってすごい。そして唐突だけど舞台にも出てみたい、観劇してる方に何か届けられる人になりたいまだまだ私には到底無理だけどいつかその時が来たら自分にも挑戦出来る勇気が来たらやりたい」と(「感じたもの」より)。周囲の人からは「なんで泣いてんの?」と不思議がられたそうですね。これはどんな涙だったんですか。

感動の涙でもあったんですが……圧倒されすぎて。お芝居している役者さんは、みんな友だち。普段、他愛もない話をしている子たちがここまで変われるんだと。本番までにすごく葛藤して、悩んでいたのも知っていて、「どうすればいいか分からない」と泣きながら相談されたこともありました。そんな友だちが、ここまでのものを作り上げたことに感動して。

あとは、自分では出来ないことを目の前で成し遂げられた「敗北感」みたいな感情も(笑)。悔しいという気持ちと共に、もっと自分も頑張らないといけないと叩き直された瞬間でもありました。そういう涙も混ざっていたのかなぁと思います(笑)。

――舞台はまだ挑戦できないと?

やれないです。舞台というか……自分はまだまだな人間。何もできません。「舞台をやりたい」と言えるところにすら、まだ立っていないので……。

――永野さんが舞台に立った時、その友だちにもぜひ観てもらいたいですよね。

絶対呼ぼうと思っています。認めてもらいたいですから(笑)。ブログも読んでくれて、感想が送られてきました。泣いたそうです(笑)。

私が観に来ていたことに気づいて、緊張している子がいたことを教えてくれました。そういう子たちに自分が良い刺激になったらいいなと思っていたんですが、あの舞台でその倍の刺激をもらいました(笑)。私も、もっと頑張ります。

■プロフィール
永野芽郁(ながの・めい)
1999年9月24日生まれ。東京都出身。小学生の頃にスカウトされ、芸能界入り。数々の映画、ドラマに出演。最近では「UQモバイル」や「カルピスウォーター」のCMに出演し話題に。これまでに『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』(10年)、『るろうに剣心』(12年)、『繕い裁つ人』(15年)、『俺物語!!』(15年)などの映画に出演。今年は、初主演映画の『ひるなかの流星』のほか、『PARKS パークス』(4月22日公開)、『帝一の國』(4月29日公開)、『ピーチガール』(5月20日公開)、『ミックス。』(秋公開)の計5作の映画に出演する。

(水崎泰臣)