結婚ラッシュは3回来る!? ラッシュに乗るメリットとデメリット

写真拡大

なんだか、周囲で結婚が相次ぐ、いわゆる「結婚ラッシュ」って感じたことないでしょうか? 一体何歳のときに結婚ラッシュとは起こるのでしょう。また、結婚ラッシュで結婚することのメリットデメリットとは? さらに恋愛・婚活研究所主宰のにらさわあきこ先生に、結婚ラッシュを利用するコツ、心を乱されない方法を聞きました。

<目次>
■結婚ラッシュに焦りを感じる女性の割合
■結婚ラッシュは何歳でくる?
●第1次結婚ラッシュ
●第2次結婚ラッシュ
●第3次結婚ラッシュ
■結婚ラッシュに乗るメリット・デメリット
●結婚ラッシュに乗って結婚した人の割合
●結婚ラッシュに結婚することのメリット
●結婚ラッシュに結婚することのデメリット
■にらさわ先生に聞く! 結婚ラッシュに焦らないコツと利用の仕方
●結婚ラッシュに焦りを覚えないコツ
●結婚ラッシュを逆に利用するコツ
■まとめ

■結婚ラッシュに焦りを感じる女性の割合

結婚ラッシュがくると女性たちは焦るものでしょうか? 22歳〜39歳の未婚女性たちにアンケートをしてみました。

Q.周りに結婚ラッシュがくると焦りを感じますか?

・感じる……30.28%
・どちらかといえば感じる……36.70%
・どちらかといえば感じない……16.51%
・感じない……16.51%

※有効回答218件

「どちらかといえば感じる」を「感じる」に含めると7割弱の未婚女性が、結婚ラッシュに焦りを覚えるようです。

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数218件(22歳〜39歳の未婚の社会人女性)

■結婚ラッシュは何歳でくる?

結婚ラッシュは3回ある、なんていいますが、いったい何歳のときにくるのでしょうか? 35歳〜60歳の未婚女性たちに聞いてみました。

●第1次結婚ラッシュ

第1次結婚ラッシュはいつなのでしょうか? ラッシュを感じた年齢を聞いてみました。また、第1次結婚ラッシュに結婚した人はどんな女性が多かったかも聞きました。

★第1次結婚ラッシュの年齢

Q.第1次結婚ラッシュは何歳頃のときでしたか? (7位以下省略)

第1位 25歳頃……28.67%
第2位 27歳頃……19.86%
第3位 23歳頃……18.06%
第4位 20歳頃……15.58%
第5位 29歳頃……9.26%
第6位 32歳頃……5.42%

※有効回答443件、第7位以下略

一番多かった回答は25歳頃でした。それでも全体の約3割といったところでしょうか。平均年齢を出してみると25.4歳でした。大学を卒業して3年あたりで結婚する人が多いのかもしれませんね。

★第1次結婚ラッシュに結婚する人の特徴

第1次結婚ラッシュに結婚した人にはどんな特徴や共通点があったのでしょう? 先輩女性たちに聞いてみました。

*長く付き合っていたカップル

・「彼氏と長く続いていた人が多かった」(35歳/その他/販売職・サービス系)

・「長くお付き合いしていて結婚した人が多かった」(35歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

*授かり婚

・「子供ができて、結婚した人が何人かいた」(35歳/その他/事務系専門職)

・「とにかくできちゃった結婚が多かった」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「派手な印象の人が多く、デキ婚が多かったです」(37歳/医療・福祉/専門職)

*学生時代からの付き合い

・「同級生同士で結婚した人が多いです」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「大学卒業後すぐに結婚した。在学中に付き合っていた人との結婚」(37歳/その他/その他)

・「大学の同級生がお互い就職してから結婚する人が多かった」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

*結婚に積極的な女性

・「社交的な女性だと思う。積極的な子が多かったように思う」(35歳/運輸・倉庫/その他)

・「もともと彼氏が途切れない人。結婚願望が強いひと」(39歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「恋愛に積極的な子、ちょっとやんちゃな子」(36歳/その他/その他)

「第1次」ということもあってか、結婚を意識してお付き合いしていたカップルがゴールインしているようです。子どもが出来たから結婚、学生時代から長く付きあっているのでそろそろ結婚、という感じでしょうか。結婚願望が強くて積極的に行動するのも、そのひとつかもしれません。

●第2次結婚ラッシュ

第2次結婚ラッシュはいつなのでしょうか? ラッシュを感じた年齢を聞いてみました。また、第2次結婚ラッシュに結婚した人はどんな女性が多かったかも聞きました。

★第2次結婚ラッシュの年齢

Q.第2次結婚ラッシュは何歳頃のときでしたか?(7位以下省略)

第1位 32歳頃……27.99%
第2位 29歳頃……23.93%
第3位 27歳頃……15.35%
第4位 34歳頃……9.71%
第5位 25歳頃……7.45%
第6位 36歳頃……5.19%

※有効回答443件、第7位以下略

「第2次」なので、「第1次」に比べて年齢がぐっと上がりました。一番多い32歳頃が全体の3割弱という結果です。29歳から32歳という30歳前後の年齢だと約52%で半数を超えているので、この頃にラッシュがきたようです。平均年齢を出すと30.3歳のようです。30歳を節目に考えて結婚に動いた女性が多いのかもしれません。

★第2次結婚ラッシュに結婚する人の特徴

第2次結婚ラッシュに結婚した人にはどんな特徴や共通点があったのでしょう?

*職場恋愛から

・「職場での出会いで結婚が多かった」(35歳/その他/ 販売職・サービス系)

・「職場で出会った人同士の結婚が多かったが離婚した人も多い 」(37歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「職場での出会いから結婚につながっている」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

*30歳が結婚年齢のやま場

・「30歳も見えてきたし、ここらで結婚しようかな……という感じの子が多かったです。20代前半で結婚の話が出るような彼氏がいたけど、結局話がまとまらなかったような感じの子が、この時期に結婚したと思います」(35歳/その他/その他)

・「長く付き合っていた相手と結婚した人、年齢的なタイミングで結婚した人」(36歳/その他/その他)

*30代前半で子どもが欲しい人

・「30代前半で子供が欲しい子。婚活をがんばった子」(37歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「子どもを産むにあたってのボーダーラインに差し掛かるなどで積極的にまたなりやすい」(37歳/医療・福祉/その他)

・「30代になり、子供が出来にくいあせり」(36歳/医療・福祉/専門職)

*仕事が慣れてきたので

・「仕事のキャリアアップに一区切り着いたクリエイティブ職の人」(39歳/アパレル・繊維/技術職)

・「生活も仕事も余裕がでてきたタイプ」(39歳/その他/その他)

・「社会人になってから、仕事だけでなくプライベートも優先させた人」(36歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

「第1次」に比べると、子どもが出来たから結婚する「デキ婚」の数が大幅に減少しました。30歳を結婚や仕事を考える一区切りにしている女性が多いようです。医学の進歩もあって、高齢出産のリスクは少なくなったようですが、35歳を過ぎると妊娠しづらくなる傾向はあるので、どうしても30代前半までに子どもが欲しいから結婚を考えるという意見もありました。

●第3次結婚ラッシュ

第3次結婚ラッシュはいつなのでしょうか? ラッシュを感じた年齢を聞いてみました。また、第3次結婚ラッシュに結婚した人はどんな女性が多かったかも聞きました。

★第3次結婚ラッシュの年齢

Q.第3次結婚ラッシュは何歳頃のときでしたか? (7位以下省略)

第1位 36歳頃……18.74%
第2位 34歳頃……16.70%
第3位 32歳頃……15.80%
第4位 38歳頃……10.84%
第5位 40歳頃……10.38%
同率5位 45歳頃……10.38%

※有効回答443件、第7位以下略

最後のラッシュは、30代にやってきたようです。一番多かった36歳頃が約19%で、全体の2割以下ですから、第3次ラッシュに関して回答がバラバラになったようですね。平均年齢を出すと34.9歳でした。35歳がひとつの目安だったのかもしれませんね。

★第3次結婚ラッシュに結婚する人の特徴

第3次結婚ラッシュに結婚した人にはどんな特徴や共通点があったのでしょう?

*子どもが欲しい

・「年齢的にも出産したい、早く子供が欲しいという人が多かった」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「出産を考えて焦って結婚する人が多い」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「子供を作れる年齢をぎりぎりにして結婚。出産まで勢いがついていた」(38歳/その他/その他)

*結婚願望が強いスピード婚

・「女性側から交際の申し込みや、結婚意思の有無を相手側に確認するなど、積極的に動いた印象が強かった」(36歳/小売店/技術職)

・「結婚に焦っていた人が多かったように思う」(37歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「30歳すぎて焦り始めた人たち。スピード婚が多かった」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

*積極的に婚活

・「紹介やお見合いなど、知人を通じた結婚が多かった」(36歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「結婚相談所に登録し、婚カツとお見合いを繰り返して結婚した」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お見合いなど積極的にしてがんばったひと」(39歳/その他/その他)

*再婚!?

・「若い時に結婚して離婚した人が再婚している」(37歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「バツイチ同士や、年上の人との結婚が多い」(38歳/その他/その他)

・「初婚だけでなく再婚の子も増えたと思う」(36歳/その他/その他)

「第3次」は、まだ来ない……や、「第3次」なんてあるの? という回答も多くありました。「第3次」になって、初めて登場した言葉が、結婚相談所やお見合いといった積極的に婚活するというものでした。また、再婚という言葉も見られたのが特徴です。「第2次」よりも少なかったですが、子どもが欲しいからという回答も、見られました。どうしても子どもが欲しい人は妊娠出産にはリミットがあるので、35歳前後で駆け込み結婚をするのかもしれません。

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数443件(35歳〜60歳の未婚女性)

■結婚ラッシュに乗るメリット・デメリット

実際に結婚ラッシュを体験した女性たちが多くいたことが解りましたが、女性たちはどんな影響を受けたのでしょうか。結婚ラッシュに乗るメリット、デメリットはあったのでしょうか。既婚女性たちに聞いてみました。

●結婚ラッシュに乗って結婚した人の割合

Q.(既婚女性)あなたの結婚は、周囲の結婚ラッシュ時と同じタイミングでしたか?

・同じだった……36.38%
・ズレていた……63.62%

※有効回答437件

約4割の女性は、同じだったと回答しています。半数以上の女性は、ズレていたと回答していおり、結婚のタイミングはそれぞれ違うからということなのでしょう。

●結婚ラッシュに結婚することのメリット

既婚女性たちに、結婚ラッシュに結婚することのメリットを聞いてみました。結婚ラッシュと自身のタイミングが一緒だった女性、ズレていた女性それぞれに分けて、意見を見てみましょう。

<結婚ラッシュとタイミングが同じだった女性たちの声>*同時期に結婚する友達と相談ができる

・「同時期に結婚する友達と結婚について話し合うことができる」(37歳/その他/その他)

・「結婚のタイミングが一緒だった友人との会話が弾む」(30歳/医療・福祉/専門職)

*焦らないですむ

・「おいていかれた感を感じなくてすむ」(31歳/その他/その他)

・「取り残されなかったと気持ち的に安心する。それ以外に何も無い」(33歳/食品・飲料 /営業職)

*御祝儀が助かる

・「祝儀を出しても返ってくると思える」(34歳/生保・損保/その他)

・「お祝いがお互いになって不公平感がなくなる」(39歳/電力・ガス・石油/その他)

*自分の結婚式の参考にできる

・「特にこの時期を狙っていたわけではなかったが、何人かの結婚式のあとに自分の結婚式を挙げたので飾りやテーブルデザイン、内容などの参考になったので、イメージがつきやすかった。また、友達から借りられた物もあったので、少し安上がりに出来た」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の結婚式(披露宴含む)の参考になった」(38歳/その他/その他)

結婚ラッシュに結婚した女性たちの声で、自分だけ幸せになるのではないので気兼ねなく喜べるということが、回答に潜んでいるようです。友達同士で結婚についてに悩みを話し合うことができたり、情報を交換したりできるのは、同時期ならではのメリットですね。

<結婚ラッシュとタイミングがズレていた女性たちの声>*周りを気にしなくてすむ

・「みんなと同じ時期なので気持ちが楽」(32歳/その他/その他)

・「周りから陰口を言われにくいこと」(33歳/医療・福祉/専門職)

*勢いに乗れる

・「周りと差が出ないこと、結婚のタイミングがなかなか掴めない方は特にラッシュ時だとしやすいと思う」(22歳/その他/その他)

・「勢いで結婚できると思う。結婚を迷っていたカップルなんかには、背中を押す効果がありそう」(39歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

*子育てのタイミングも一緒の可能性が高まる

・「結婚ラッシュになる前の年齢で早く結婚したのであまりわかりませんが、ラッシュで結婚した友人たちは子供も同級生だったりするので話も合うし、子育ても楽しそうです!」(33歳/その他/その他)

・「周りと同じ時期に子どもが出来たりして、子どもも通して家族ぐるみで長く付き合えるかと思う」(36歳/その他/その他)

*悩みを共有できる

・「周りの人との価値観が合う。自分だけ取り残されてる感を感じず安心する。相談などもしやすいし、分かってもらいやすいと思う」(29歳/その他/その他)

・「結婚時期が同じだと、だいたい周囲の人たちと置かれる立場が同じになるので、悩みが共有できて相談しやすいかも知れないと思います」(39歳/その他/その他)

結婚ラッシュと自分の結婚のタイミングがズレた女性たちの声も、ラッシュに結婚した女性たち同様で、悩みや情報を共有できることや、周りに気を使わなくていいことがメリットと感じたようです。ただ、こちらのグループのほうが、焦りを感じた女性が少ないようでした。また、共有できる話題の中に、子育てについての意見が多くあったのも特徴かもしれません。結婚のタイミングが同じだと妊娠出産のタイミングも重なりやすいもの。子育ての悩みを共有できるのは心強くてうらやましいと感じているようです。

●結婚ラッシュに結婚することのデメリット

続いて、結婚ラッシュに結婚することのデメリットについて既婚女性たちに聞いてみたいと思います。

<結婚ラッシュと同じタイミングだった女性たちの声>*経済的に苦しくなる

・「共通の友人がいる人は出費がかさんでしまうのですべての式には出席できない。という人もいた」(29歳/その他/その他)

・「お祝い貧乏におちいってフトコロがさびしくなる」(39歳/電力・ガス・石油/その他)

*色々と比較してしまう

・「衣装のドレスの色がかぶらないか。友達の披露宴の方が豪華ではないか気になる」(37歳/その他/その他)

・「新婚旅行先や時期などを比べてしまう」(26歳/情報・IT/クリエイティブ職)

*焦ったことへの反省

・「焦って結婚して、本当にこの人でよかったのかと思うことが多々ある」(33歳/食品・飲料/営業職)

・「付き合う期間が短くなり、相手の全てを見ずに結婚してしまうこと」(33歳/その他/その他)

*友人と結婚式がバッティングする

・「結婚式や二次会が他の人と重なって、職場では上司が優先されて同僚に出席してもらえなかった」(35歳/その他/その他)

・「結婚式の日程が友達とかぶったり自分の結婚式の直後に友達の式に出席したり。金銭席にも時間的にも大変だった」(34歳/その他/その他)

圧倒的に多かったのは「ご祝儀貧乏」問題でした。中には、あまりに出費が重なってしまったために、出席したかった友人の結婚式に行けなかったという声もありました。招待される方だけでなく、招待する方も事情がわかるので気を使うようです。また、お互いに結婚式の内容を比較してしまったりするのも、なんだかいい気持ちはしないですね。このタイミングに乗らなければいけないと、結婚相手のことをあまり考えずに焦ってしまったという女性たちからは、結婚することそのものへの反省や後悔の声もありました。ちょっと心配ですね。

<結婚ラッシュとタイミングがズレていた女性たちの声>*比較されそうなこと

・「予算など比較されそう、ライバル視」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「子どもが出来るタイミングや、家を買うタイミングなど、比べてしまうことが出てくる」(25歳/その他/その他)

*焦ったと思われそう

・「焦って結婚したんだなと思われること」(35歳/機械・精密機器/技術職)

・「一斉に結婚する事によって内心『この人も?』って思われたりして心から祝福されないかも……」(35歳/その他/その他)

*ご祝儀貧乏

・「出席する側がお祝儀貧乏なので、祝儀が少なくなる」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「参加する人がご祝儀ビンボーになっていることが多いので、心から祝福されにくい」(36歳/自動車関連/営業職)

*あとで後悔するかも

・「周りに流されてしまうと、あの時何で結婚したんだろうって後悔する時が来そう」(36歳/その他/その他)

・「それで円満に行けばいいが、流れや勢いで後悔するのがオチ」(34歳/その他/その他)

結婚ラッシュと自分の結婚がズレた女性たちの意見も、結婚ラッシュで結婚した女性たち同様に「ご祝儀貧乏」問題に対しての声が多くきかれましたが、それより多かったのは、自分の結婚式に特別感がなくたったり、印象に残らなかったり、祝福してもらえないのではないかということをデメリットと捉えているようでした。また、焦って結婚したのでないかと思われることに嫌悪感を感じている女性も。「焦って結婚する」ということを良しとはしないので、きっとあとで後悔するのでは?という声も、結婚ラッシュで結婚した女性たちよりも、多く聞かれました。

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数437件(22歳〜39歳の既婚女性)

■にらさわ先生に聞く! 結婚ラッシュに焦らないコツと利用の仕方

ついつい、焦ってしまいがちな、周囲の結婚ラッシュ。そんな結婚ラッシュに焦らないコツと、逆に自分の結婚に利用するコツにういて、にらさわあきこ先生に詳しくお伺いしました。

●結婚ラッシュに焦りを覚えないコツ

Q.周囲に結婚ラッシュが起こると焦りを覚えてしまう女性も多いですが、どのように対処したらいいでしょう? 焦るとやはりよくないですか?

「周りが結婚していくと、変に焦ったり、結婚しない同志で集い始めたり……とそれまでの行動を変え始める女性がいますが、もしも結婚したいと思うなら、結婚する予定の女性に囲まれている方が結婚には近づきます。

なぜかというと、結婚を決める人は結婚を決めるような行動をとっているからです。なので彼女たちと一緒にいると必然的に『結婚に近づきやすい』行動をとることになるのですね。

逆に結婚を決めた友達といるのを『居心地が悪い』と感じて結婚しそうにない友達と集い始めるようになると、女子会ばかりを開くことになったり、男性の悪口を言い始めたりと結婚から遠ざかる行動を取りがちになるので注意してください。

結婚ラッシュには良い影響もあると捉えると、焦りを覚えにくいでしょう」(にらさわ先生)。

●結婚ラッシュを逆に利用するコツ

Q.結婚ラッシュを自分にとっていいものにするにはどうしたらいいですか?

「前述のように、周りが結婚ラッシュの時は、シングル女性も結婚に近づきやすくなっています。結婚を決めた友達のフィアンセの友達までを交えてご飯に行くことになるなど出会いも増えますし、マインドとしても『彼が指輪を買ってくれたの』『いいな』などという具合に男性を褒めるモードになりやすいので素敵な男性を引き寄せやすくなる。

さらに、彼がいる女性なら『友達の結婚が決まったの』と嬉しそうに報告することで、
『へえ、結婚するとこの子はこんな可愛い表情をするのか』と知ってもらえる可能性もあります。男性は女性の話の内容を聞いているというよりも、表情やオーラを見ているのですね。

だから、結婚の話題を出すのはNGじゃないかと誤解されがちですが、催促になったり、責める感じになったりするのがダメなだけで、話題としてNGなわけじゃない。嬉しそうに友達の結婚の報告をしたら、彼が結婚を決意したというケースも実際にはかなりあるんですよ」(にらさわ先生)。

■まとめ

結婚ラッシュがどのような年齢でくるのか分かりましたね。周囲の結婚ラッシュに焦る女性はそれなりにいるようですが、結婚ラッシュに結婚することにもメリットデメリットがあることを既婚女性たちが教えてくれました。また、結婚ラッシュには、いい効果を生むことも、にらさわ先生が解説くださいました。焦らされるだけではなく、周囲の結婚ラッシュによって、自身にポジティブな変化を起こせるといいですね。

(監修:にらさわあきこ、文:岩崎弘美/フォルサ)

※画像はイメージです