お肉のお供にはメロンとカニ?叶恭子流「しゃぶしゃぶ」の食べ方

写真拡大

 叶姉妹の恭子さんがいつも食べるというしゃぶしゃぶのお肉は、特選シャトーブリアン。程よい霜降り肉になっているそうで、しかもカニのしゃぶしゃぶも一緒にして、バランスをとって食べているのだとか。

 そしてその際に気をつけているのが「メロンを先に食べる」こと。こうすることで酵素の働きから、代謝が促進されるのだといいます。

 厚生労働省のe-ヘルスネットによれば、メロンのような果物の糖分「果糖」は、ブドウ糖とは異なるため、血糖値を上げないのだとか。とはいえ、「糖新生」という働きによって、ブドウ糖に変換されるそうで、過剰摂取で肥満につながるとされています。やはりヘルシーとはいえ、果物はほどほどにしておきたいですね。

 また、管理栄養士・コーゲヨーコさんの「そのダイエットでいいの? あなたの人生を変えるダイエット 第1部:ダイエット編」(ごきげんビジネス出版刊)によれば、カニにはビタミンB2が多く含まれているそうで、ビタミンB6を作るのに必要なのだとか。このビタミンB6が足りないと、たんぱく質をたくさん食べる場合、そのたんぱく質が脂肪になってしまうのだそうです。

 お肉の前にメロンで血糖値上昇を避け、カニで「ビタミンB2」を補給して脂肪の蓄積をケアしているとは‥‥う〜ん、さすがは美の伝道師・恭子さんですね。