韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐって中韓関係が冷え込んでいる。こうした中、台湾・経済部の楊偉甫常務次長は20日、中韓の緊張化は「台湾にとってチャンス」と語った。資料写真。

写真拡大

韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐって中韓関係が冷え込んでおり、中国の報復措置に対し「世界貿易機関(WTO)に問題提起した」と韓国の周亨煥・産業通商資源相が20日に表明するなど両国の関係は緊張が続いている。こうした中、台湾・経済部の楊偉甫(ヤン・ウェイフー)常務次長(事務次官に相当)は20日、中韓の緊張化は「台湾にとってチャンス」と語った。

台湾メディアによると、同日、立法院内政委員会は中台の経済をテーマとして報告会を行い、行政院大陸委員会の張小月(ジャン・シアオユエ)主任委員や経済部の楊偉甫常務次長らが出席した。

中国はTHAAD配備に反対しているものの、韓国への報復措置に関する正式な発表はなく、一連の報復措置は各メディアの推測。だが、こうした見方は主流となっており、同日の立法院の報告会でも「韓国に対する中国の報復措置をどう見るか。中韓の衝突を台湾は利用できるのか」との質問が上がった。

質問に対し楊常務次長は「具体的なことはまだわからないが、台湾の経済に悪影響が及ばないことを願う。中韓の緊張化は台湾にとってチャンスだが、口にするのではなく黙々と行動すべきだ」と語った。(翻訳・編集/内山)