歌手のマイケル・ジャクソンさんの娘パリス・ジャクソンが、10年前に行われたディズニーチャンネルの映画『ハイスクール・ミュージカル』(06)のコンサートツアーについて語った。

現在18歳のパリスはモデルや女優として活動をスタート。現地時間20日にトーク番組「The Tonight Show」に出演した。

パリスは初めて行ったコンサートについて、「すごく見たかったコンサートは『ハイスクール・ミュージカル・ライブ』よ」「彼(ザック・エフロン)はいなかったの。とてもがっかりしたわ。彼はいなかったの。彼は馬と映画撮っていたと思うわ。馬とか、何かと映画撮っていなかった?」「彼はツアーの時に撮影で忙しくて、ほかの人が代わりを務めたの。そこが一番悲しかったところね。彼がいなかったの。私は深く傷ついた10歳の子って感じだった」と話している。

『ハイスクール・ミュージカル』シリーズで主役を務めたザックは1作目ではほとんど歌っておらず、ドリュー・シーリーが歌声を担当していた。また、ザックはツアー中に映画『ヘアスプレー』(07)の撮影を行っていた。

マイケル・ジャクソンさんの娘パリス・ジャクソン (c)Imagecollect.