写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTデータは3月21日、スマホアプリと銀行口座を連動させたスマホ決済サービスについて、2018年度上期をめどに開始することを発表した。

なお、サービス開始に先立ちその可能性を検証するため、2017年度上期中に複数の加盟店にて、銀行口座を利用したスマホ決済サービスについての実証実験を行う予定。その結果をもとに、あらゆる加盟店や金融機関向けに新たなスマホ決済サービスとして提供する予定だ。

同サービスは、利用者自身が所有する銀行口座を、あらかじめ専用のスマホアプリに登録することで、複数加盟店にてスマホ決済ができるというもの。

これにより利用者は、現金やカードを持ち歩かなくても、スマホのみで決済が可能になるほか、1度登録をすれば、決済のたびに口座番号を入力する必要がなく、さらに指紋認証や暗証番号等でセキュリティーを担保するため、使い勝手を損なわず安心して利用することができる。

一方、加盟店はクレジットカードを持たない・持てない利用者など幅広い消費者に対し、新たなキャッシュレス決済手段の提供が可能に。消費者の囲い込みやオペレーションの効率化を期待できる。

金融機関としては、自行が開拓した加盟店だけでなく、他行開拓の加盟店でもスマホ決済が可能となり、自行カードホルダーの利便性向上に期待できるという。

(小松原綾)