北京市商務委員会が明らかにしたところによると、北京市には現在、世界企業500社番付入りした企業の本社が58社あり、4年連続で世界の中で最も多く同番付にランクインした本社を抱える都市になった。写真は北京・中関村。

写真拡大

北京市商務委員会が明らかにしたところによると、北京市には現在、世界企業500社番付入りした企業の本社が58社あり、4年連続で世界の中で最も多く同番付にランクインした本社を抱える都市になった。新華社が伝えた。

北京の「本社経済」の発展ペースは速い。企業本社のうち、外資系企業の本社が7分の1を、科学技術革新型企業の本社が5分の1を、金融・情報企業の本社が4分1を占め、第三次産業の本社が4分の3を占める。世界の有名企業で北京に多国籍企業の地域本社を置くところは161社に上り、このうち世界企業500社番付入りした海外企業が投資した地域本社は67社を数える。

北京は2017年に、本社経済の発展を促進するための政策措置を整え、本社経済の最適化とバージョンアップをはかり、「ハイレベル・精密・最先端」の経済構造を構築し、本社経済をより大きく強く育てる方針だ。(提供/人民網日本語版・編集/KS)