21日、このほど韓国で1000ウォン(約100円)分の現金を盗んだ20代の男に懲役刑が言い渡され、注目を集めている。写真は韓国ウォン硬貨。

写真拡大

2017年3月21日、このほど韓国で1000ウォン(約100円)分の現金を盗んだ20代の男に懲役刑が言い渡され、注目を集めている。韓国・ニュース1などが伝えた。

韓国南西部、全州(チョンジュ)地方裁判所は16日、特殊窃盗などの罪で起訴された無職の男(22)に懲役1年・執行猶予2年を言い渡し、保護観察を命じたことを明らかにした。

男は2015年11月26日深夜0時ごろ、仁川(インチョン)市内のマンションの地下駐車場で、施錠されていなかった小型乗用車から1000ウォン相当の小銭を盗んだ罪で起訴された。また、同月に2回にわたり駐車中の車と商店から金品を盗もうとした容疑も持たれていた。

わずか1000ウォンの盗みを有罪と判断した理由について裁判所は、「犯行が悪質であることと、過去の同様の犯行による執行猶予期間中に行ったことなどを考慮した」と説明した。

このニュースに対する韓国のネットユーザーの反応は「少額であっても窃盗に変わりはない」として男を批判する意見で大多数を占め、コメント欄には「金額の問題ではない。犯罪常習者には罪の軽重に関係なく加重処罰すべきだ」「執行猶予期間中にまた窃盗したというのが、法を無視した行動」「いくら盗もうと窃盗は窃盗!1ウォンならいいのか?」「少額なら大丈夫だと思ったのか?たった1000ウォンで人生を棒に振るとは」「他人の車に手をつける行為が問題。偶然に車内に人がいたらどうしただろうか?」などの声が並んだ。

また、22歳の若さで盗みを繰り返す男に対し「同じ犯罪を繰り返すというのは良くないね」「働き盛りの20代がなぜ人生を無駄にしているのか?これから先まだ長いのに残念だ」「こんな年齢にもなったなら、仕事することを考えろ。恥を知れ」「どこかで1時間だけでも働けば時給で6000ウォンはもらえるっていうのに」といった声も。

さらに、朴槿恵(パク・クネ)前大統領のスキャンダルに言及し「1000ウォンで懲役1年なら、朴前大統領や崔順実(チェ・スンシル)被告は何年になるのだろう」とのコメントもあった。(翻訳・編集/真)