Aクラス、Bクラスなどとプラットフォームを共有しながら、まったく異なった4ドアクーペフォルムに仕上げることで街中での存在感を増しているCLAクラス。輸入車メーカー・ナンバー1の地位を築くのに貢献しているのは間違いなさそうです。

1

なお、このCLAは、A、Bクラス、そしてCLAシューティングブレーク、GLAの5モデルからなる新世代のメルセデス・ベンツを牽引する戦略車種「NGCC(New Generation Compact Cars)」に位置づけられていて、デザイン、快適性、動力性能、安全性など、常に進化させられているそうです。

3月21日に発売された特別仕様車の「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」は、773万円の「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」がベース。メルセデスAMGが誇る量産最強の2.0Lエンジンを搭載しつつ、装備内容のスリム化により、664万円という戦略的な価格設定としています。

価格は抑えられていますが、381psを誇るエンジンパフォーマンス、セグメントトップとなる0-100/h加速4.2秒(欧州参考値)という優れた加速性能に加えて、メルセデスの安全運転支援システム「レーダーセーフティ」も装備し、メルセデスAMGブランドのエントリーモデルという位置づけ。

ボディカラーは51台限定の「カルサイトホワイト」、39台限定の「コスモスブラック」の2色で、内装色はブラックのみとなっています。

(塚田勝弘)

90台限定の特別仕様車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発売(http://clicccar.com/2017/03/22/456209/)