まもなく再開される2018年ロシアW杯アジア最終予選。日本が属するグループBは、前半戦を終了して上位4カ国が勝ち点1差以内にひしめく大混戦となっている。アジア最終予選が現行方式になった1998年W杯予選以降、折り返し時点でこれほどの接戦になったことはない。上位2枠の出場枠(3位チームはプレーオフへ)をめぐって、前例のない激戦となっている。

【W杯アジア最終予選 グループB順位表】(2017年3月21日時点)
           勝ち点 勝ち 分け 負け 得点 失点
1位 サウジアラビア  10  3  1  1  9  5
2位 日本       10  3  1  1  8  5
3位 オーストラリア  9  2  3  0  8  5
4位 UAE      9  3  0  2  7  6
5位 イラク      3  1  0  4  6  8
6位 タイ       1  0  1  4  3  12

 予選再開後、日本が最初に対戦するのは、因縁の相手となるUAE(現地時間3月23日)だ。UAEといえば、今回の最終予選初戦で、それもホームで敗れた(1-2)ことは記憶に新しい。


日本は難敵UAE相手に結果を出せるか。photo by Fujita Masato W杯予選において、日本が同一国に連敗したのは、1986年メキシコW杯予選まで遡(さかのぼ)る。相手は韓国だった。当然、32年ぶりとなる屈辱をここで味わうわけにはいかない。

 しかしながら、今度の戦いの舞台は、敵地アル・アイン(UAE)。過去、UAEとのアウェー戦において、日本は5戦未勝利となっている。苦戦は必至だ。

【日本vsUAE アウェー全成績】
1988年=日本1△1UAE(親善試合)
1988年=日本0●2UAE(親善試合)
1993年=日本1△1UAE(W杯予選)
1995年=日本1△1UAE(親善試合)※
1997年=日本0△0UAE(W杯予選)
※日本はU-23代表。FIFAは国際Aマッチとして認定

 ただ一方で、日本にも心強いデータがある。ここ最近は、国際Aマッチ7試合連続でアウェー戦は無敗中(※中立国での対戦は含まず)。当時FIFAランキング5位の強豪ベルギー戦で勝利を収めて以降、イラン、オーストラリアといったアジアの実力国にも負けてない。

【現在、日本が継続中のアウェー戦連続無敗記録】
2013年=日本3○2ベルギー(親善試合)
2015年=日本1△1中国(東アジア杯)
2015年=日本1△1イラン(親善試合)
2015年=日本3○0シンガポール(W杯予選)
2015年=日本2○0カンボジア(W杯予選)
2016年=日本2○0タイ(W杯予選)
2016年=日本1△1オーストラリア(W杯予選)

 ちなみに、もし今回のUAE戦を落とさなければ、1963年〜1968年までと、2009年〜2011年までに樹立したJFA(日本サッカー協会)公認のアウェー戦連続無敗記録を更新する(※)。
※FIFA認定の国際Aマッチにおける日本のアウェー戦連続無敗記録は、1963年〜1968年に樹立した9試合連続。これには、1964年のシンガポール民連隊代表戦と、1967年の日本B代表vs台湾の試合が含まれている。


最終予選4試合連続ゴール中の原口元気。photo by Sano Miki 記録といえば、今度のUAE戦で原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)がゴールを決めれば、日本代表における最終予選5試合連続得点という史上最高記録を打ち立てることになる。現在は、1994年と1998年の2回のW杯最終予選にかけて三浦知良(横浜FC)が記録した最終予選4試合連続得点と並んでいる。

“難所”となるアウェーのUAE戦を終えたあとは、ホームでタイ(3月28日/埼玉スタジアム)を迎え撃つ。

 前半戦を終えてグループB最下位のタイ。油断は禁物だが、日本にとっては勝ち点3獲得が必須の相手となる。通算対戦成績を見ても、日本の14勝3分け1敗と日本の優位は動かない。W杯出場切符獲得へ、最終的に得失点差の勝負となる可能性もあるため、ゴールを量産し大差をつけて勝利を飾りたいところだ。

【日本vsタイ、JFA公認の全成績】(※五輪予選は含まず)
1962年=日本3○1タイ(アジア競技大会/インドネシア)
1963年=日本4○1タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1966年=日本5○1タイ(アジア競技大会/タイ)
1970年=日本0△0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1975年=日本4○0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1976年=日本2△2タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1978年=日本3○0タイ(ジャパン杯/日本)
1978年=日本4○0タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1979年=日本2○1タイ(ムルデカ大会/マレーシア)
1991年=日本1○0タイ(キリン杯/日本)
1993年=日本1○0タイ(W杯予選/日本)
1993年=日本1○0タイ(W杯予選/UAE)
1997年=日本1△1タイ(キングス杯/タイ)
1997年=日本1●3タイ(親善試合/タイ)
2004年=日本4○1タイ(アジア杯/中国)
2008年=日本4○1タイ(W杯予選/日本)
2008年=日本3○0タイ(W杯予選/タイ)
2016年=日本2○0タイ(W杯予選/タイ)