宿敵を演じるのはジュード・ロウ (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 「シャーロック・ホームズ」シリーズで知られるガイ・リッチー監督が、中世の騎士道物語「アーサー王物語」を基に新たな物語を構築したアクション「キング・アーサー 聖剣無双」の日本オリジナルとなる予告編が、公開された。

 亡き王の息子と知らずにスラム暮らしを送る青年アーサー(チャーリー・ハナム)が、伝説の聖剣エクスカリバーを手に、王座奪還に向けて立ち上がるさまを描く。アーサーの両親を殺害した暴君ヴォーティガンを「シャーロック・ホームズ」のジュード・ロウが演じる。

 予告編では、スラムで育ったアーサーが、選ばれた者だけが手にできる聖剣エクスカリバーを引き抜いたことから運命の歯車が回りだし、ヴォーティガンとの大激戦に発展していくさまがスピーディに描かれる。スロー映像を効果的に用いた合戦シーン、複数の敵を相手取ったアーサーの劇画的なバトルシーンなど、リッチー監督らしいケレン味あふれる見せ場のほか、魔法を使って周囲を震え上がらせるヴォーティガンの狂気の姿や巨大なヘビが猛スピードではい回る姿など、独自の世界観を堪能できる。予告編のナレーションは人気アニメ「遊☆戯☆王デュエルモンスターズ」の海馬瀬人の声優を務めた津田健次郎が務めており、渋みある美声で作品を盛り上げている。

 「キング・アーサー 聖剣無双」は、6月17日から全国公開。