ピンクの付箋紙がビッシリ“8bit”寝室

写真拡大

家に帰ってくると、夫婦の寝室が付箋紙で埋め尽くされていた――。

米カリフォルニアに住む女性は先日、いつものように帰宅すると、寝室の壁一面にピンクの付箋が貼り付けられ、さながら8bit、ゲームの国に迷い込んだような部屋になっていたという。実はこれ、仕込んだのは愛する夫。壁はハートマークや「愛してる」の文字で覆い尽くされ、さらには8bitのハートTシャツもプレゼントされた。

このサプライズはとても嬉しかったようで、自身のSNSに投稿しただけでなく、米ソーシャルサイト・redditにも「My husband created an 8bit V-Day room with over 7000 memories on sticky notes.」などと投稿。

すると「ロマンチックとクレイジーの境界線だよこれは」「喜んでいるようだし、いい夫婦なのではないか」「これがペンキで塗られたならともかく、剥がせばいいだけだからね。思い出になると思うよ」といったコメントが寄せられている。