【詳細】他の写真はこちら

見ているだけで、いい香りがしそうです。

フィンランド生まれの蒸し風呂「サウナ」。狭い部屋に入り、暑さを我慢して一汗かけば不思議と元気になるというサウナ愛好家は、日本にも多くいることでしょう。そんなサウナを自宅の庭にも置けるようにした、かわいい樽型のサウナルーム『GRANDVIEW BARREL SAUNA』が海外にて販売中です。

組み立てて設置するところから自分の手で楽しめるのが、この自宅用サウナルームの大きな特長。本体の直径は約2.1メートルで、大人なら6〜8人ほどが同時使用可能。内部には大きなベンチも備え付けられています。

内部を温める熱源は、電熱式と薪ストーブから選択可能。手軽でお求めやすい電気ヒーターにするか、雰囲気たっぷりの薪式サウナストーブを設置するかはあなた次第。

本体の木材は、好みに合わせて







サウナの建築材は北欧産スプルース材やシダーなど4種類から選択可能。屋根がせり出すキャノピータイプには、外に小物を設置できる腰掛けも。より北欧らしい雰囲気を盛り上げてくれます。

わずか1時間足らずで90度まで加熱







スタンダードモデルに付属するのは、フィンランドのHarvia製の8kW電気式ヒーター。1200ドル(約13万5000円)を追加すれば、同じくHarvia製の薪ストーブに変更できます。もちろん水蒸気を発生させる石材やバケツ、柄杓、それに温度計や湿度計も付属。本キットを購入して組み立てるだけで、楽しいサウナ生活を満喫することが可能というわけです。

夢のサウナ生活を100万円以下でスタート





『GRANDVIEW BARREL SAUNA』は最も基本的な構成でお値段が8299ドル(約93万円)から。木材の選択やキャノピータイプ、設置する熱源によって1万2694ドル(約143万円)の仕様まで自由に組み合わせることができます。

寒い冬も、エアコンの使い過ぎで体調を崩しがちな夏も。屋外に設置できるマイ・サウナは四季を問わず活用できそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



『GRANDVIEW BARREL SAUNA』製品ページ

関連記事



組み合わせ自在のブロック住宅、その名も「テトリス・ハウス」

こんなカスタム・フォルクスワーゲンがあれば、欧州を旅して暮らせるかも

45日でDIYできるスモールハウス。ブロックみたいな家『MINIMOD』