今季からFC東京でプレーする大久保嘉人【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

やっと決まった初ゴール。4年間を過ごした古巣相手に

 去る18日に行われたJ1第4節のFC東京対川崎フロンターレ。「多摩川クラシコ」として注目されたこの試合に、特別な想いで臨んでいた選手がいた。青と赤の戦闘服をまとった大久保嘉人。昨年まで川崎フロンターレに所属していた背番号13は、いつも以上にゴールに飢えていた。本当の意味でFC東京の一員となるために。(取材・文:舩木渉)

----------

 ゴールを決めた後、歓喜に沸くサポーターのもとへ駆け寄った男は、両手を合わせていた。

「ごめん」

 移籍してから初めてのゴール。当然溢れる喜びを全身で表しても良い場面だったが、謝罪の言葉が聞こえてくるようだった。

 今季からFC東京でプレーする大久保嘉人は、J1第3節のガンバ大阪戦に敗れた後、悔しさのあまりユニフォームを脱いで投げ捨て、蹴り上げた。本人はのちにブログで「支えてくださっている方々、一緒に戦っている仲間に対して、申し訳なく思っています」と謝罪したが、“やってはいけないこと”をしてしまった。

 そして迎えた18日のJ1第4節、川崎フロンターレ戦。大久保にとっては多摩川クラシコである以上に、古巣との特別な試合であり、FC東京ファンに“トーキョーの男”である姿を見せなければいけない試合だった。

 4シーズン連続15得点のストライカーが、開幕から3試合ゴールを挙げられていないというのも焦りを加速させていた。

 迎えた川崎フロンターレとの多摩川クラシコ。FC東京は前半をスコアレスで終え、終盤に差し掛かった76分、大久保のスルーパスを起点に阿部拓馬が相手GKチョン・ソンリョンのオウンゴールを誘って先制。86分には大久保よりも後に加入したピーター・ウタカが初ゴールを奪った。

「普通なら古巣に決めた時は全く喜ばない」(大久保嘉人)

 もうこの試合ではないか…。

 そんな雰囲気が漂っていた後半アディショナルタイム。待ちわびた瞬間は唐突にやってきた。92分、相手DFのクリアを拾った大久保は、ウタカにボールを預けてゴール前へ走る。パスを受けたナイジェリア人FWは、類い稀な身体能力を生かして厳しい体勢からワンタッチで捌き、ボールは再び大久保のもとへ。

 GKチョン・ソンリョンが前に出る。かつてのチームメイトの動きを熟知する大久保は、相手の体が倒れるまで粘り、左にかわしてボールを無人のゴールに流し込んだ。やっと決まった初ゴールだった。

「普通なら古巣に決めた時は全く喜ばない」と語っていた大久保は、この時ばかりは一目散にFC東京サポーターが陣取るゴール裏まで駆け寄り、「ごめん」と両手を合わせた。

「本当に点を取って、マジで謝らなきゃいけないなと思ったので。普通は古巣に決めた時は全く喜ばないですけど、今までのチームなら。そういう時に限ってフロンターレで、(FC東京のサポーターには)ああいうことをしたし、そこは絶対に謝らなきゃいけないなと思っていた」

“トーキョーの男”になった背番号13

 喜ぶことも、謝ることも、相手が川崎フロンターレという、大久保にとって素晴らしい4年間を過ごした特別なクラブだったからこそできたのだろう。「(謝罪を)やっておかなきゃいけないでしょ。それをするために本当に点を取らなきゃいけなかった」と、特別な試合に、特別な想いを胸に臨んでいた。

 試合終了後、大久保は歓喜に包まれるサポーターの前で、両手を回して拳を三度突き上げる「シャー」を経験した。FC東京勝利の際に行われる一種の儀式のようなものか。反対側に陣取る川崎フロンターレのサポーターにも挨拶し、感謝を示した。クラブの誇りを貶める行為に対して禊を済ませ、古巣に別れを告げ、本当の意味で大久保嘉人が”トーキョーの男”になった瞬間だった。

「ここで満足していたらダメだし、思ったことは全部、どんどん伝えていきたい。優勝するためには、みんなで喜ぶためには苦しいこともいっぱいありますから。どんどん言っていきます。それで今日みたいな試合をすればチームもみんなついてくるだろうし、地道にやっていきたいと思います」

 ただ、多摩川を渡ってライバルクラブへ移籍しようと、大久保の根っこにあるものは変わりない。「ゴール」そして「勝利」。非常にシンプルだ。新たなチームで新たな一歩を踏み出した背番号13は、FC東京が優勝するために、目の前の試合に勝つために貪欲にゴールを狙い続ける。身も心も青赤の”トーキョーの男”として。

(取材・文:舩木渉)

text by 舩木渉