アクション満載!ジェイソン・ボーン
 - (C) Universal Pictures

写真拡大

 3月20日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングはマット・デイモン主演の映画『ジェイソン・ボーン』が2週連続で首位を獲得した。

 手持ちカメラで撮影した映像、格闘術を駆使したスタントアクション、街中で繰り広げられるカーチェイスで車がボロボロになるリアリティー……。シリーズを通して描かれてきたスピード感と臨場感満載のノンストップアクションは今作でも健在だ。アテネ、ベルリン、ロンドン、ラスベガスと世界を舞台に物語が展開する。

 2位は初登場の『ミュージアム』。「ヤングマガジン」で連載された巴亮介のマンガを小栗旬主演、大友啓史監督で映画化したサイコスリラーだ。雨の日だけに起こる連続猟奇殺人事件を追う主人公の刑事・沢村(小栗)は、犯行現場に残された謎のメモや残虐な殺人方法を探るうち、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。通称・カエル男を追い詰めていくが、逆にカエル男の仕組んだ罠にはまり、相棒の刑事・西野(野村周平)や妻(尾野真千子)が窮地に陥る。カエル男にふんした妻夫木聡の怪演ぶりも見事。

 先週5位に初登場した『ラスト・ウィッチ・ハンター』は6位にダウン。不死身の魔女ハンターのコールダー(ヴィン・ディーゼル)を代々ドーランと呼ばれる神父が見守っていたが、36代目のドーラン(マイケル・ケイン)が魔女に殺されてしまう。復讐に燃えるコールダーは、37代目のドーラン(イライジャ・ウッド)とともに、現代のニューヨークで暗躍する魔女たちと戦っていく。

 初登場で9位にランクインしたのは『真田十勇士』。天下の名将と名をはせる真田幸村(加藤雅也)は、実は運に恵まれ続けただけの男で、自分の虚像と実像の差に苦しんでいた。抜け忍の猿飛佐助(中村勘九郎)は幸村を本物の武将に仕立てあげることを決意。霧隠才蔵(松坂桃李)ら9人の仲間を集め、「真田十勇士」を結成する。

今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)
1位『ジェイソン・ボーン』(1位)
2位『ミュージアム』(初登場)
3位『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』(2位)
4位『インフェルノ』(3位)
5位『闇金ウシジマくん Part3』(4位)
6位『ラスト・ウィッチ・ハンター』(5位)
7位『ペット』(6位)
8位『ルドルフとイッパイアッテナ』(7位)
9位『真田十勇士』(初登場)
10位『ズートピア』(14位)

 今週は22日に『シン・ゴジラ』『バイオハザード:ザ・ファイナル』『ドント・ブリーズ』がレンタル開始となる。どの作品が首位を獲得するかに注目したい。(取材・文:相良智弘)