日本代表の今野泰幸【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は21日、ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦へ向け練習を行った。ガンバ大阪に所属する今野泰幸は今回の日本代表メンバーに招集されている。

 まず最初にUAE戦に向けて「ホントに大事な1戦なので、緊張感はありますね。練習とかも集中してるし」と、意気込みを語った。負傷離脱した長谷部誠が抜けた所にコンバートされる可能性については「どうなるか分からないですけど、練習からしっかりいいトレーニングして、心も体も準備するだけだと思います」とコメントしている。

 また、独特な雰囲気の中東で試合を行うことに関しては「間違いなく難しい試合になる。簡単じゃないですけど、やっぱり11人もそうだし、チーム全員でチームワークを合わせて、とにかくみんなで勝ち切るってことをやっていきたいと思います」とし「最後の笛が鳴るまで集中して、絶対に勝ち点3を取りたいと思います」と、勝利を誓った。

 UAE代表の印象については「前線にいい選手が揃ってるっていうのはあると思うし、2トップが能力あって、それに10番の選手がスルーパスだったりを出してくるっていう感じですね」と語っている。続けてUAE代表の10番を背負うオマル・アブドゥルラフマンに関しては「ものすごく技術が高いですし、アイディアも豊富。それを警戒して、一発で行かないように。あとはファウルしないようにってことですね」とコメントした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部