原口元気【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は21日、ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦へ向け練習を行った。

 最終予選4試合連続ゴール中の原口元気は、ハリルジャパンの中核を担う選手だろう。相手陣内深いところでプレーしたかと思えば、守備では我先にと帰陣するなど運動量豊富。そして、局面で戦うことを恐れず相手に向かって行けるタフな精神力も備える。

 所属クラブとは求められるプレーが異なる。原口は「ゴール前に入ってフィニッシュを狙うことは絶対にやらないといけない。点を取ることは僕の一つの大きな役割」と、ハリルジャパンではより得点にフォーカスして戦っている。そして「この役割は僕自身、すごく気に入っている。ゴールに近い位置でプレーできるので得点チャンスは多いですし、ここでは点を取る機会が多いと思う」と歓迎している。

 連続ゴールについては全く意識していないようで「連続で取っているからなんだって話」と言う。「本当に1試合1試合に向けて準備をしているので別物だし、この1戦に懸けている」と常に目の前の戦いに集中している。今度のUAE戦で原口がネットを揺らしたとしても、彼にとってそれは『5試合連続弾』ではなく、全力を傾けた1戦での貴重なゴールとなる。

「僕じゃなくても誰でもいいのでゴールを取って、勝ち点3だけ目指して、そのための役割をこなせればいい」

 原口はチームの勝利だけを見据えて戦う。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部