2017年3月21日、韓国の朴槿恵(パク・クネ=1952年生)前大統領が検察に召喚された。

 大統領職から罷免になってから11日目に、賄賂罪などについて調査を受けることになった。大統領経験者がその後、捜査を受けるという不幸な道をまた繰り返すことにってしまった。

 3月21日、午前6時半頃。筆者は朝食会に出かけるため、タクシーでソウルの中心部に向かった。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

厳重警備

 すると、突然、ぎっしりと止まっている警察車両が見えた。朝早い時間帯だというのに、あちこちに機動隊員の姿も見える。

 この日、朴槿恵氏の出頭に備えてソウル中央地検を警備するためだった。韓国メディアによると、前大統領の支持者とこれに反対する団体がそれぞれ近くで集会開催を予定しており、「不測の事態」に備えて2000人もの警官が動員されたという。

 「大統領経験者の検察召喚」は、8年ぶりのことだ。当時、盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏は中堅企業経営者から不正資金を受け取ったことなどの容疑で検察に召喚された。このときも、釜山(プサン)近郊からソウルに車で向かう前職大統領の様子が放送で中継された。

 3月12日、朴槿恵氏は罷免を受けて青瓦台(大統領府)を出てソウル南部の江南(カンナム)にある自宅に戻った。このときも、取材陣の車両と警備車両が激しいカーチェイスを演じたが、21日も同じような追跡劇が繰り広げられた。

 3月21日午前9時15分、朴槿恵氏は自宅を出てソウル中央地検に向かった。白バイの先導を受け、何台もの警備車両とともにソウル市内の一般道を疾走する。その後を新聞社や放送局のカメラ車両が追いかける。多くの放送局はこの模様を生中継した。

フォトライン

 「フォトライン」。韓国には珍しい慣習がある。検察に召喚された政治家や財閥総帥など「大物」は、検察庁舎の入り口で一度立ち止まり、カメラのフラッシュを浴びながら、短い質問に答える。

 この場で「対国民謝罪」をしてから検察の調査を受ける。受け取りようによっては一種の「社会的制裁」でもある。いつからこんなことが始まったのか。

 韓国メディアによると、1993年、現代財閥の創立者である鄭周永(チョン・ジュヨン)氏が、前年の大統領選挙に出馬した際の選挙法違反で召喚されたことがきっかけだったという。

 この際、興奮した取材陣が鄭周永氏のもとに殺到し、カメラが鄭周永氏にぶつかるなどして怪我をしたという。これ以来、「大物」は「フォトライン」に立って、カメラの前でひと言しゃべることになったという。

 ちなみに朴槿恵氏が検察に召喚される前日の3月20日は、鄭周永氏の16周忌だった。

 「朴槿恵氏はフォトラインに立つのか?」「この場で何を話すのか?」

 ここ数日、韓国メディアはこの話題を集中的に報道した。3月12日、罷免されて自宅に戻った朴槿恵氏は、側近の国会議員を通してコメントを出した。

 「時間がかかっても必ず真実は明らかになる」

 このコメントが大きな話題になった。罷免されたことを謝罪するどころか、「納得していない。これから法的に争う」という意向を公然と表明したからだ。

「何を話すのか?」に関心が集中したが・・・

 この日、検察に到着した朴槿恵氏は、一応フォトラインに立った。何をしゃべるのか?

 「国民に申し訳ない。検察の捜査に誠実に応じる」

 短くひと言だけ話すと、すぐに庁舎に入って行った。

 かつて盧泰愚元大統領は「申し訳ない。すべては私の責任だ」と語り、盧武鉉元大統領も「面目ない・・・」と絶句した。

 朴槿恵氏は、淡々と、かつ断固たるいつもの表情だった。韓国では国論を二分した「弾劾劇」について朴槿恵氏がきちんと謝罪しないことに強い批判がある。

 この日も、ほんのひと言で終わってしまった。やはり、弾劾や一連の捜査について「納得していない」ことは明らかなようだ。

 検察は、朴槿恵氏と長年の知人である崔順実(チェ・スンシル)氏がからんだ一連のスキャンダルについて幅広く調査する方針だ。中でも、最も重視しているのが、サムスングループからの「賄賂」だ。

 検察の見立てはこうだ。

 李在鎔(イ・ジェヨン=1968年生)サムスン電子副会長などサムスングループ幹部は、グループの経営権の継承作業が円滑に進むよう朴槿恵氏に便宜を図るように求めた。

 2015年にサムスン物産と第一毛織が合併した際に、両社の大株主だった国民年金公団が賛成に回ったこともこの「便宜」の1つだというのが、検察の見方だ。

 サムスン側は、「対価」として2つの財団に資金を拠出し、さらに朴槿恵氏と密接な関係にある崔順実氏の娘である乗馬選手のために馬を買い、訓練施設などを支援した。

 李在鎔氏は、「資金供与は適切ではなかったが、大統領から強要されたのであって、対価性のある贈賄ではない」と頑強に否定した。それでも、逮捕され拘置所にいる状態だ。

 朴槿恵氏側も、「賄賂」については頑強に否定している。

 双方が、「贈収賄」について強く否定している中を、検察がどんな証拠を出して調査を進めるのか。この点が最大のポイントだ。

 特別検察とこれを引き継いだ検察は、サムスンを標的にして徹底的に追い詰めている。李在鎔副会長の逮捕という事態になったことで、グループ内外にさまざまな影響が出ている。

 李在鎔氏の母親で、病床にある李健熙(イ・ゴンヒ=1942年生)会長の夫人である洪羅喜(ホン・ラヒ=1945年生)氏は最近、サムスングループが保有するリウム美術館の館長職を辞任した。

 さらに洪羅喜氏の実弟である洪錫荽(ホン・ソクヒョン=1949年生)中央日報会長も辞任した。

 中央日報の関連会社である放送局は、2016年秋以降、一連のスキャンダルを積極的に報じていた。

 「2人の辞任は、李在鎔副会長の逮捕と無関係ではない」(韓国メディア幹部)という見方をする関係者も多い。朴槿恵氏の捜査はどこまで進むのか。

 「賄賂」捜査がどうなるかについては見方が分かれている。それでも、一連のスキャンダルに関連したすべてが「無実」になるとの見方も少ない。

 検察は、サムスン以外にも、SKグループやロッテからも「会長の特赦」や「免税店許可」などの対価で財団に資金を出せたとして、「賄賂」での立件に全力を尽くすはずだ。

こんな短期間で次は誰を選べばよいのか

 それにしても、韓国の歴代大統領の「断罪劇」はまた繰り返されるのか。

 初代の李承晩(イ・スンマン)氏は、不正選挙などで批判を受け、1960年4月19日の学生の大規模デモなどで下野し、事実上ハワイに亡命してそのまま死去した。

 過度期の責任内閣制で就任した大統領はわずか1年で軍事クーデターで失職した。

 政権を握った朴正熙(パク・チョンヒ)氏は、長期執権に成功したが、部下である中央情報部(KCIA)部長に撃たれて死亡した。

 全斗煥(チョン・ドファン)氏は、市民が多数死亡した光州事件に関連した内乱罪などで、後継者の盧泰愚(ノ・テウ)氏は巨額の不正政治資金事件などで、それぞれ1995年に相次いで「フォトライン」に立たされ、ともに服役した。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏も、不正資金疑惑で2009年に「フォトライン」の前に立ち、検察捜査の直後に自殺した。

 金泳三(キム・ヨンサム)氏と金大中(キム・デジュン)氏は、ともに退任後に「フォトライン」に立つことはなかったが、息子が逮捕された。

 李明博(イ・ミョンパク)氏も、実兄が逮捕された。

 追放、暗殺、監獄、自殺…あるいは息子や兄が逮捕される…。

 未婚で「私が最も潔白だ」と公言し、多くの国民も信じていた朴槿恵氏だったが、「長年の知人」という「まさかのスキャンダル」で検察に召喚された。

 「どうすればこういう歴史を繰り返さずにすむのか」

 朴槿恵氏の検察召喚を見て、多くの韓国人は、考え込まされたはずだ。だが、「次は誰を選べばよいのか」とゆっくりと考える余裕はない。

 5月9日に次期大統領選挙が迫っている。まさに「弾丸列車選挙」でもあるのだ。

筆者:玉置 直司