DF長友佑都は長谷部に代わるリーダー候補の一人だ

写真拡大

 チームの勝利だけを考えている。DF長友佑都(インテル)は「インテルで試合になかなか出られない状況は去年もあった。その経験が自分自身にあるので、しっかり練習もできているし、問題ないと思う」と、所属クラブで出場機会が少ないことによる不安を打ち消した。

 2017年に入ってインテルでの公式戦出場は先発1試合、途中出場1試合のみ。それでもハリルホジッチ監督は「(長友)佑都は素晴らしいプロフェッショナル。クラブの中で非常に激しいポジション争いをしていて、試合に出なかったときは個別でトレーニングして補おうとしている」と、その経験を重視し、招集に踏み切った。

 MF長谷部誠の離脱もあり、その役割も重要さを増している。「僕らのキャプテンであり、信頼もあるし、経験もある」。長谷部の離脱を残念がる長友だが、「より一層、一人ひとりがチームのためにという意識を持てば、ポジティブな意識を持てば、一層チームは一つになれると思う」と、チームが団結する“好機”とすべきだと主張する。

「長谷部さんが抜けたことは変わらないですから、そのことに関して議論してもしょうがない。勝つことにだけ集中して、試合に向けて準備したい」。長谷部に代わるリーダー候補の一人は「(UAEの)ホームなので向こうも前から来ると思うし、僕らが慌てて余裕を失うと、試合を支配できない。ブレないメンタルが明後日の試合では必要になる」と、敵地での大一番を見据えた。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧