こんな土屋太鳳はじめて!

写真拡大

 中村航の同名小説を実写映画化する『トリガール!』(9月1日全国公開)の特報映像が公開され、“毒舌女子大生”を演じた土屋太鳳が、「叫んでツッコんでガンを飛ばす」姿を披露している。企画書に「ラブコメディー」と書いてあったと明かす土屋は、「撮影の日々が進んでも進んでも、 一向に『ラブの要素が出てこない……』」とこれまでのイメージとは違った役柄に挑戦した作品について語っている。

 『100回泣くこと』『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の原作者である中村の小説を基に、『ヒロイン失格』の英勉監督がメガホンをとった本作で土屋は、一浪を経て理系大学に入学した鳥山ゆきなにふんしている。イケメンの先輩に誘われるがままに鳥人間コンテストを目指す人力飛行サークルに入会したゆきなと、イケメン王子キャラやヤンキーかぶれの先輩たちとの青春が描かれる。

 今回公開された映像は、高杉真宙演じる先輩に一目惚れしたゆきなが「はい、飛びます!」と言うところからスタート。そしてヤンキーかぶれの先輩(間宮祥太朗)に怒鳴り返したり、カラオケで「ムカツクー!」と叫んだり、先輩にガンを飛ばしたりする土屋の姿が一気に映し出される。また、映像の途中には今作でスクリーンデビューを果たした滋賀県彦根市のご当地キャラクター「ひこにゃん」の姿も。ひこにゃんは撮影現場で「かわいー! あんまり背、変わらないね」と土屋から声をかけられ、握手も交えて挨拶をしたという。

 撮影中に「これは本当にラブコメディーなのか?」と思っていたという土屋は、「この作品で私たちが出会うラブは、恋愛だけのラブじゃない。嫌いだった過去への、あがいてる今への、探してる未来への、生きていること自体への、そして最高の自分への『ラブ』なんだ」とある時にわかったと明かす。そして「この夏スクリーンで皆様と飛べる日を、心から待ち望んでおります!」と熱く意気込みを語っている。

 同作は琵琶湖周辺を始め、滋賀県彦根市でロケが行われた。「ひこにゃんのお世話係」の人は、出演の依頼を受けた際「ひこにゃん自身も『もしかしたらお空を飛べるのかな』と期待し、少しダイエットを始めましたが、残念ながらパイロット役ではなく、少しがっかりした様子でした」とひこにゃんについて伝えている。(編集部・海江田宗)